人気ブログランキング |
ブログトップ

四季折々の写真・俳句集

aki1933.exblog.jp

写真と俳句で綴る日々の記録

<   2019年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 もう遠出の旅は無理だから、これで最後ねと言いながら、
またまた、中国地方の世界遺産を巡る旅のツワーに応募し
広島を起点に山口、島根を旅してきました。
 厳島の大鳥居が修復工事に入るのでしばらく見られなく
なるという情報も得ておりましたので、帰心矢のごとしの
心境です。懐かしい人達は皆亡くなって寂しい限りですが、
何だかまた会えるような気もします。どの街も一度ならず
訪れた場所でしたから・・・。今回も次男が道ずれ、少々
世話が焼けますが、精一杯楽しむことにしましょうね。
 広島平和公園、宮島とめぐり、岩国、錦帯橋前のホテル
に宿泊して、鵜飼や温泉に、翌日は山口県内、瑠璃光寺の
国宝、五重塔を拝観しました。法隆寺と並び称されるこの
塔は、大内氏の滅亡等、紆余曲折あり、1442年に完成され
たもの。深い木立、池面に姿を映し見事な佇まいでした。
カルトス台地秋芳洞、サスペンスドラマの舞台で有名な岬
を経て、萩港を見下すホテルに泊まり、温泉で疲れを癒し、
城下町、萩や島根の津和野まで、ひたすら山陽道を観光
バスは走り続けます。
金子みすゞの故郷、仙崎もこの地方。薄倖の詩人の詩は
歿後何年もして、中田喜直により作曲されました。ガイド
さんが、みんな違っていい!を歌って下さいました。優しさ
が心に沁みます。(中田喜直歌曲集 ほしとたんぽぽ より)
 広島からずっと案内のベテランバスガイドさんのお話が
楽しく色々な歴史も学びました。吉田松陰、藩校 明倫館
幕末から明治維新の時代に活躍の人物を多く輩出している
この地方の歴史的建造物が、沢山保存されていて、改めて
偉大な人物の存在を意識しました。
山陰の小京都といわれる津和野の静かな街並み、鷺舞祭り
など地方地方に遺された文化を、駆け足ながら、垣間見る
ことのできた旅となりました。広島に戻り、新幹線に乗車
すれば、わずか4時間で東京着です。
また行きたくなりました。(笑)
a0288500_07284301.jpg

a0288500_07292695.jpg

厳島神社の大鳥居はもう足場工事が始まっています。
a0288500_11524095.jpg

a0288500_12022951.jpg

a0288500_07313836.jpg

a0288500_07323772.jpg

a0288500_07330352.jpg

a0288500_07332583.jpg

a0288500_07345086.jpg

a0288500_07335759.jpg


by aki1933 | 2019-06-26 19:08 | Comments(0)
 毎朝の日課である体操会場まで、メイプルを連れて歩き
ます。途中、江戸たてもの園内に様々な色の紫陽花が咲き
雨上がりの朝など、カメラを持参しなかったことが悔やま
れます。ラジオ体操の後、有志で行う太極拳が大好き。
 帰宅後,家事をすませて、また今度はカメラ持参の散歩
に出ました。暑い日差しに最早、紫陽花はぐんなり、私も
元気を失いましたが、何とか写真に収めました。
 体操のお仲間の一人が、我が家にない色の紫陽花の花を
下さいました。挿し木にしようと思います。
 公園の紫陽花は、高橋是清邸の日本庭園前が見事です。
わざわざ 建物園内に入らなくても、紫陽花は公園側から
の撮影でも充分でしたが、久々に歩き楽しみました。
歩き疲れて、デ・ラランデ邸の武蔵野茶房でお茶をして
帰宅です。雨が恋しい暑さの日が続きます。
a0288500_16191336.jpg

a0288500_16203479.jpg

a0288500_16205198.jpg

a0288500_16211291.jpg

a0288500_16214326.jpg

a0288500_17080994.jpg

a0288500_17081903.jpg

a0288500_12331274.jpg

a0288500_12334097.jpg

a0288500_17091586.jpg

薄いピンクの我が家の紫陽花にそえて,いただいた
濃いピンクがよくマッチして窓辺を飾っています。

by aki1933 | 2019-06-26 16:10 | Comments(0)
俊の作業所は職員会議のために、午後からお休みです。
梅雨のさ中ですが、美しい晴れ間の午後、すわとばかりに
原宿の明治神宮内苑、菖蒲園の撮影に俊を誘って出かけ
ました。都心とは思えない深い緑に囲まれた神域、しばし
我を忘れて写真撮影を楽しみました。望遠レンズ、露出
設定、PLフィルター大丈夫ですか? ところが折角の
梅雨の晴れ間は、何時の間にか、重い雲がたれこめて、
光線不足。これには、致し方ありませんね。
 久々に神宮本殿にも足を延ばしました。往路は、西武
新宿線、花小金井から高田馬場経由原宿まで、復路は、
総武線代々木駅からJRに乗車,三鷹経由で帰宅しました。
次男と外出すると、電車の乗り方について、彼の意向に
従うのが常です。(笑) 写真ご覧ください。
a0288500_17403464.jpg

a0288500_17405871.jpg

a0288500_17413330.jpg

a0288500_17435116.jpg

a0288500_17435830.jpg

a0288500_17441898.jpg

a0288500_17430990.jpg

a0288500_17424709.jpg



by aki1933 | 2019-06-12 05:35 | Comments(1)
 あっという間に、薔薇の季節が終わりそうです。庭木の中
に埋もれるように咲いた薔薇、久々の雨にしっぽりと濡れて、
見事に咲き誇っています。恵みの雨にほっとしているかの
ようです。
 昨年門のわきの水道管が老朽化して水漏れが発生、工事
終了後に金木犀の大木とつる薔薇が枯れてしまいました。
 お隣との境界線に植えたカイズカイブキが大木化し、
折角の白のつる薔薇も枯れてしまい、庭の改造がどうしても
必要となりました。外構の大谷石は、先代の所有者から譲り
受けた当時のままで、これも何とかしておかなければと、
色々と大変な工事になりそうです。
 若い世帯は、孫たちの遊べるような庭をと、樹木や薔薇は
望まないようで、色々と思いあぐねていますが、近くの造園
業者さんと相談しながら、工事が進行しています。
 工事費の算段をしながら、もう薔薇の花がら摘みもやっと
になってしまった我が身を、諾うことしかできません。でも
もう少し、薔薇の手入れをしていたいとも思います。
梅雨入りした雨空をみあげつつ、庭の花の写真を撮りました。
a0288500_18162976.jpg

a0288500_18121013.jpg

a0288500_18125488.jpg

a0288500_18581788.jpg

a0288500_18583108.jpg

a0288500_18591438.jpg

梅の古木に咲く石斛、山陰の旅で亡夫と求めた株が
しっかり根付いています。
a0288500_18160398.jpg

by aki1933 | 2019-06-07 18:03 | Comments(0)