人気ブログランキング |
ブログトップ

四季折々の写真・俳句集

aki1933.exblog.jp

写真と俳句で綴る日々の記録

<   2018年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

日本テレビ恒例の24時間テレビ「愛は地球を救う」の
募金活動に、次男が武道館に一年間にわたり貯めていた
小銭を持って行きました。武道館内の募金場所に届ける
ための行列が城外のお濠沿いに、延々と続きます。
この厳しい猛暑日ですから、私も同行しました。募金
を終え城外への一方交通道を下りますが、とても悪路に
難儀をしました。40度近い気温に本当にめまいがして、
やっと見つけた自販機で水分補給しても、歩けそうもない
状態だったので、通りかかったタクシーに乗車、東京駅に
出ました。こんな事は初めてでした。冷房の効いた車内で
やっと少し落ち着く事ができました。
募金を届ける方法は色々あるのですが、俊はテレビ収録
の会場に届けることにこだわりがあるようです。
私は大事に至らなかったので、ほっとしました。
写真は、会場で配られた来年のための貯金箱です。
a0288500_18241396.jpeg

by aki1933 | 2018-08-26 17:53 | Comments(0)
朗読ボランティアの友人達と一緒に、小泉八雲の朗読会に
参加しました。プロの俳優さん達による朗読劇、耳なし芳一
をはじめとする怪談の数々、琴、篠笛、鐘や擬音等のコラボ
レーションは、怪談話の雰囲気を更に盛り上げていました。
八雲が、なぜ日本の古典文学に心を寄せ、収集していった
のであろう。亡夫と一緒に、八雲が松江に暮らした旧住居を
訪ねたことなども思い出しました。広島帰郷の折、下関まで
足を延ばし、耳なし芳一の物語の舞台、平家滅亡の地、
壇ノ浦の戦いで幼い安徳天皇が入水して亡くなった地の
赤間岬に建つ墓所にお詣りしました。赤間神宮を訪ねて
成瀬櫻桃子の句碑を探しました。春燈の会員であると
告げると、丁寧に対応して下さり嬉しかったことなども
懐かしい思い出となっています。
 十六夜や海の底より平家琵琶     櫻桃子

  小金井市からまつの会に参加させていただき朗読奉仕活動
仲間にも入れていただき嬉しく思います。からまつの会の
S.I.さんは、次男が幼稚園の頃からのお知り合いです。母の会
役員でご一緒していました。障害児の次男を教会付属幼稚園が
受け容れて下さいました。そして園長先生から役員をと言われ
固辞しましたが、お引き受けして、心が折れそうでしたが、
でもその時お知り合いになった方々が、今もお友達でいて
下さる。 世の中には、よい方々が沢山いらっしゃいますね。

a0288500_09283292.jpeg



by aki1933 | 2018-08-17 22:22 | Comments(0)
 家族で過ごした八ヶ岳中央高原、賑やかに過ごして
おりましたが、早朝の愛犬メイプルの散歩には、愛用の
一眼レフカメラを持参しながら、高原の植物を写してき
ました。ひっそりと人知れず咲く花は、どれも可憐で存在感
がありました。何枚か添付しておきましょう。
a0288500_08365256.jpg

a0288500_08371678.jpg

a0288500_08382896.jpg

a0288500_08381849.jpg

a0288500_08380737.jpg

a0288500_08375516.jpg

a0288500_08374245.jpg

a0288500_08370418.jpg

a0288500_08372995.jpg



by aki1933 | 2018-08-17 12:27 | Comments(0)
日頃多忙の家族が、八ヶ岳中央高原に集い夏休みを
過ごしました。曽祖母が2人、曽孫が3人、総勢15人
が2軒の山小屋に泊まり、賑やかに過ごしました。
今回は前橋の曽祖母を迎えましたから、長男の車で
諏訪湖から下諏訪大社下社、春宮、秋宮、万治の仏像を
訪ねてまわりました。諏訪湖をかこむ上諏訪の本宮と
前宮の4宮が催す6年毎の御柱祭りが有名ですが、諏訪
地方は縄文時代の土偶や土器が多数出土され、古くから
栄えており、縄文の里として知る人ぞ知る地方なのだと
思うと、感動を禁じえません。
今上野国立博物館で縄文展開催中なので、国宝の縄文の
ヴィーナスは上京中、お留守のようです。
翌日は、娘の家族と八ヶ岳中央高原を開拓された
カナディアン ファームにお昼を食べに行きました。
手作りの丸太小屋やジャングルジムなど4歳の男の子
にとっていつまでも遊んでいたい場所であったようで
した。石窯焼きの料理が得意なファーム、ボリューム
たっぷりですが、とても美味しくいただきました。
家族が協力して楽しむ我が家のピザパーティー、パン種
を丸く伸ばし具材とチーズを載せて、庭の石窯で焼き
上げるのですが、自然に役割分担もスムーズに流れ、
素晴らしいといつも思います。俊はパン屋さんですから
麺棒の扱いが、とても上手でしたよ。
今回は、3人の曽孫の愛らしさが中心となりました。
5人の孫達の声が森にこだましていたのは、ついこの間
のように思えます。私は可能ならば、100歳までも生きて
この子らの成長した姿を見たいものと思ったりもします。
瞬く間に過ぎた夏休みでした。
a0288500_12013487.jpg

a0288500_12015414.jpg

a0288500_12020963.jpg

a0288500_12043531.jpg

手洗いは温泉の湧出湯
a0288500_12051453.jpg

諏訪湖を見下ろす境内
a0288500_12053246.jpg

伝説の万治の石仏
a0288500_12055225.jpg

a0288500_12060351.jpg

a0288500_12074887.jpg

a0288500_12070700.jpg

曽祖母は共に80代半ばを越える年齢
a0288500_12065108.jpg

今回前橋経由の原村行きでしたので、私と次男は憧れの
スーパーあずさ号に乗車して冨士見まで行き車で迎えに
来てもらいました。乗り心地最高の特急に乗車できて、
とても嬉しく思いました。


by aki1933 | 2018-08-17 10:58 | Comments(0)
今年も原爆記念日がやって来ました。73年も経つのです。
当時私は小学校6年生、広島市から13里離れた北広島蔵迫
村に学童疎開していた。光線と大音響、モクモクと立ち
上る雲の柱、広島に新型爆弾投下の報を聞く。疎開先の
勝龍寺前の街道を北へと向かう被災者の群れ、大八車に
乗せられた全身ケロイドの被災者の姿を見る。
先生が徒歩で爆心地2キロ範囲にあった校区の様子を
見に行かれた。やがて終戦。上空を米軍機や見慣れぬ
ロシア機が轟音を立て飛んで行った。
伊達校長先生によってもたらされた報せは悲しいもの
だった。
私と上の弟は、父の応召で東京から母の実家のある
南千田に疎開し、更に戦況が激しくなり学童疎開していた。
母と下の弟は特別被爆者となった。母は長いこと原爆症に
苦しんだ。だが、父が帰還し、元の職場に復帰して横浜に
移住したので、長いこと診断が下りず、東大病院で広島出身
の医師により内部被爆による肺機能低下等を告げられ、
原爆手帳の交付を受ける事になった。母のレントゲン写真を
見て驚いた。左肺がコルク化して肺の映像がないのである。
通常の肺呼吸の半分くらいしかないと言われた。でも72歳
まで頑張って生きて、原爆体験記を遺していった。そして
後年私が原爆資料館で見つけ本当に驚いたのであった。
毎週末、小金井公園体操会の後のタンポポコーラスの指導を
して下さる元公立中学の音楽教師Nさんも広島出身の方、
しかも同年齢とのことでビックリ!、親しくさせていただいて
いるのです。心より平和を願い、語り伝えていかなくてはと
思うこと頻り。今日は一日中広島への思いを強くし、NHK
テレビの特別番組にも故郷を偲んだ長い一日を過ごしました。
a0288500_02045471.jpeg
a0288500_02054334.jpeg
a0288500_02150868.jpeg
a0288500_02061589.jpeg
a0288500_02070178.jpeg

by aki1933 | 2018-08-07 01:29 | Comments(0)
 我が家の前にある小金井カントリーゴルフ場のフェンスに
今年も烏瓜の花が咲き始めました。夜咲き朝にはしぼんで
しまう一夜花ですが、その繊細なことといったら、天然の
レースで囲ったような不思議な花なのです。
 カメラで時間経過を追いながら撮影しました。初冬には
実が赤く色付き綺麗ですが、葉が枯れて見苦しいので、私が
せっせと引っ張って除いています。やぶからしもピンクの花
をつけて、愛らしいと思うときもありますが、いずれも蔓性
何ともたくましい植物の代表ですね。ゴルフ場の銀杏落ち葉
秋には本当に半端ない作業(?)が、私に課せられています。
a0288500_18074243.jpg

a0288500_18075498.jpg

 
a0288500_18081270.jpg

by aki1933 | 2018-08-05 18:08 | Comments(1)
 我が家の孫たち二人が、それぞれに良き伴侶を得て、
新家庭を築きました。「小金井公園に集合!」がとても
便利な距離なので、メイプルの散歩もかねて、緑陰に集う
事が多くなりました。1歳5か月になるM君はあんよも中々
達者で元気な男の子、メイプルの後を追いかけて走り
まわっています。9人家族をグループに分けて誕生会をする
ことにしました。今回は夏生まれの3人が合同です。
春夏秋冬でバランスがとれています。 この暑いのに、
スタミナをつけようとすき焼き鍋を囲みました。
 集合写真は、一眼レフカメラを持っている曾祖母の私の
役ですが、撮影者が入れないのが残念。今度から三脚や
セルフタイマーを準備しましょう。85歳でもまだまだ
現役でいたいと思っています。(笑)
 夏休みは娘の家族も八ヶ岳・原村の山荘に大集合です。
a0288500_17322668.jpg

by aki1933 | 2018-08-05 17:18 | Comments(0)