人気ブログランキング |
ブログトップ

四季折々の写真・俳句集

aki1933.exblog.jp

写真と俳句で綴る日々の記録

<   2018年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

鎌倉の友人に誘われて、藤沢、片瀬山のとある仏料理店
を訪ねました。カルフォルニア州サクラメント郊外に住み
音楽家活動されているハーピスト古佐小基史演奏会です。
厳しい猛暑日、住所だけを頼りにスマホ検索しながらの
行程でした。最初大船駅待合せでしたから到着した時点で
電話したら、今起きたところだから30分の遅刻ですとの事
さもありなんとスマホ頼りの一人旅、google map は目的
地の写真まで映してくれますよ。いつも誘ってもらい、私方
から出向かなくては会えない状況ですから、今のところ健脚
の私が、育った場所への懐かしさ、帰巣本能でしょうか!

さて、肝腎のジャズハープの素晴らしさ、温かく響く音色に
癒された時間でした。サクラメント郊外の自然をモチーフに
作曲された曲に、瞑想の境地、様々な風景が浮かびます。
Oh Shenandoah!というアメリカ民謡、大好きになりました。
古佐小基史さんは、全く異色の人物、東大医学部卒業後に
医療活動もされたようですが、ハープの世界に魅せられて
渡米20年になられる由、ストックトン交響楽団の主席ハー
ピストとしてご活躍中とのことでした。曲の合間のトーク 、
興味深い内容のお話でした。楽器ハープについて解説が
ありました。アルぺジォというハープ奏法の音が美しく響きます。
日本音階のド、ソぬきは不協和音のように聴こえてしまうが
日本の故郷の山をイメージして作曲された幽玄という曲は、
まさに日本音楽の旋律で、魅了されました。
本場アメリカのジャズも主旋律以外の伴奏部分は即興で
演奏されるそうで、その才能の豊かさに驚かされました。
Danny Boyの演奏に涙する高齢の男性がおられました。
今日の演奏曲目の入ったCDを求めサインをしていただき
ました。スマホで楽器ハープの写真を撮らせていただきました。

帰途、藤沢から湘南電車に乗っていると、向かい席から、
河内・大阪から新幹線利用せず、全て在来線で東北地方の
旅に向かっている面白いおばさんが話しかけてきました。
こちらも軽口を叩いていると隣席の若いカップルが笑いを
かみ殺しているので、お喋りまるで漫才でしょ! 私達
たった今の出会いなのよ!と大笑い、私は中央線乗換のため
東京駅下車しました。
彼女の旦那さんは、新幹線で行き待ち合わせするのだとか、
60代のようでしたけども、まだまだ先は長いですよ。
a0288500_10501571.jpg

a0288500_10505923.jpg


by aki1933 | 2018-07-23 20:47 | Comments(0)
海の日の三連休、若い家族がゴルフだったり八ヶ岳山荘
だったり、夫々に外出して次男と二人きりになりました。
厳しい猛暑日ですが、家にくすぶっていてもね!と横浜
みなとみらいの日本丸総帆展帆の写真撮影に行く事に
しました。 帆船日本丸は、国指定の重要文化財です。
年に数回しか展帆されない美しい光景ですから、重い
カメラを次男に背負ってもらい、私はウェストポーチ
一つの軽装ででかけました。留守中に娘が電話に出ない
けど庭で倒れているんではと心配したらしく家族間で
話題になっていた様子、大笑いしてしまいました。
ごめんなさい!携帯電話は、帰りの電車内で気付き
無事をライン返信したのでした。
写真撮影は、大変な体力が必要です。脚力、腕力、
判断力、何れも限界を感じつゝ楽しんできました。
新杉田から金沢八景シーパラダイスまで行って
童心に帰り、アシカの曲芸を楽しみました。
a0288500_08365197.jpg

a0288500_08370334.jpg

a0288500_08381310.jpg

a0288500_08384861.jpg

a0288500_08385641.jpg


句誌春燈と青淵に毎月8句の投句をしています。春燈は
三上程子先生のご指導を受けています。青淵のご指導は、
鈴木直允先生、私の拙句を選んで下さり講評をして下さる
嬉しい機会に恵まれました。
横浜のみなとみらい、日本丸の総帆展帆の風景です。
記録しておきたいと思います。

月涼し航海終へし帆前船
峰雲と競ひ帆を上ぐ日本丸
夏暁や行き交ふ人と会釈せる

by aki1933 | 2018-07-20 05:41 | Comments(0)
 想像を絶する豪雨が西日本を襲いました。降った雨量が
莫大だったので、治水対策としての砂防ダムが突然に破壊、
住宅地に流れ込みました。水害が収まったかに思えた2日後
の午後、土石流となり、突然の避難命令発令の様子が、
夕方の全国ニュースに報道され、亡夫の故郷広島市外
府中町でしたから、東京在住の我が家は騒然となりました。
折よく広島から電話が入り、様子を聞くことができました。
2日前に無事を確認して安心していたのですが、高台を切り
開いて開発された住宅や下流の旧町役場付近が被害にあった
様子、自分達は大丈夫との知らせにほっとしましたが、
それにしても土石流のすざましさ、被害に遭われた方々
のご心痛は如何ばかりでしょう。心よりお見舞いを申し
上げます。一日も早く救済の手が差し出され、普通の
生活に戻れますように!
 さて、私事ですが、左手親指が硬直して曲がり、延ばそう
とすると、ぽきっと指跳ね現象があり、痛みが手首にまで
及びます。指先のしびれもありますので、桜町病院整形外科
を受診しました。腱鞘炎とのことで、親指の付け根に痛い
注射を打って下さいました。
 小平の整形外科医院で、ひどい肩こりの治療をしており
ましたが、改善の見込みがないからと健康保険が打ち切り
になった経緯があり、転院して桜町病院に行き事情を話し
ましたが、地元に戻り先生に事情をお話してご覧なさいと
勧めて下さいました。骨粗しょう症予防の注射の副作用の
皮膚もやもや現象についても説明していただき、投薬への
切り替えがよいとのことでした。
 過日、小平中央公民館でのこと、講座中に異変を感じ
大事になりそうな予感がしてタクシーを呼び帰宅した事
がありました。めまいは脳梗塞ではなくメヌエルでした。
かかりつけ医は、消化器内科でしたから、飛び込みで
循環器内科で診察、点滴をしていただき、無事に快癒。
以来、定期健診のかかりつけ医として、お世話になって
おります。健康に恵まれ、病気とは無縁の生活でしたが
加齢による体の衰えは如何ともしがたく、健康チェック
の大切さをしみじみと感じる昨今です。
写真は猛暑に耐え咲く我が家の庭花です。
a0288500_16480043.jpg

真夜中に芳香を放つ夜来香
a0288500_16481302.jpg

韓国の国花・むくげ木槿
a0288500_16483256.jpg

万両の花.。朝起きて眼が真っ赤に充血しているのに気付き、
上記の桜町病院眼科を受信しました。写真もピンぼけです。
緑内障の検査予約を入れました。結果右眼の欠損がわかり
治療が必要です。後15年は使いますよ。大切にして下さい。
100歳までかと笑ってしまいました。どうぞよろしく!と
治療の継続をお願いして帰りました。
by aki1933 | 2018-07-15 10:09 | Comments(0)
 毎年次男と私のために、長男が広島VS横浜戦の野球
チケットをプレゼントしてくれます。当初はヤクルト戦
だったり、巨人戦だったりしましたが、勝敗に強い
こだわりを持つ次男、横浜育ちの私にとって、横浜戦の
観戦が折り合いが良いということになっていきました。
 昨年から誕生日を前倒ししてチケットの手配をして
います。浜風に吹かれながら心地良い季節の野球観戦、
その夜は、ホテルも予約しました。とても楽しみな
野球観戦なのです。
 大激戦で超満員の球場、割れんばかりの応援合戦です。
残念ながら3対4で横浜の勝利でしたが、大いに楽しみ
ました。野球場恒例の風船飛ばしをカメラに収めました。
 翌日は、写真撮影のために鎌倉・逗子にまで足を運び
ましたが、カメラが故障・修理中とあっては、意気も
上がらず早々の帰宅となりました。
a0288500_11272802.jpg

a0288500_11275228.jpg

a0288500_11280836.jpg

逗子マリーナの会員として宿泊利用もできるのだが、
最近ご一緒するお仲間がいなくなり、残念です。
a0288500_11282635.jpg

a0288500_11283895.jpg

追記
 神奈川近代文学館友の会からの通信が送られてきた。
特別企画展の案内なのですが、面白いエッセイがあり、
楽しみました。俳人岸本尚毅氏、世間はどうあろうとも
我が家におけるプロ野球の中心は横浜と広島であると
結んでおられた。いずれも弱かったチームの判官贔屓
であるとも…。それにしても、プロ野球観戦の応援は
最近とみにスマートになったと思う。楽しみを有難う!

by aki1933 | 2018-07-05 11:17 | Comments(0)