人気ブログランキング |
ブログトップ

四季折々の写真・俳句集

aki1933.exblog.jp

写真と俳句で綴る日々の記録

<   2017年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 ブログ編集が新しい方式に変わり、写真の添付法などを
教えていただきましたので、写真を撮りました。
小さな庭に、この時期咲いてくれる花、いただいた球根や,
挿し芽をして育てた花々です。
雑草の中に咲く、逞しい花達です。
    のうぜんかつら
a0288500_16242451.jpg
     アカンサス
a0288500_16241391.jpg

     アガパンサス 紫君子蘭
a0288500_16244028.jpg


by aki1933 | 2017-06-27 16:08 | Comments(1)
 久々に娘の車で、八ヶ岳の山荘にやって来ました。
快晴の土曜日、ひたすら庭仕事に精を出す娘の傍で
読書三昧の私。草刈りを終えた庭に下り立てば、季節
の花々がひっそりと咲いていて、カメラに収めるのは
楽しいひと時です。かっこうの啼き声が森に響きます。
 娘宅の本棚で見つけた本は、「原爆市長 浜井信三」
<よみがえった都市 復興への軌跡> 復刻版です。
浜井市長が中国新聞に「市政秘話」として連載された
手記です。原爆の日に、市の職員として活動された話
からスタートした記録は、当時の広島知る私に様々な
ことを思い出させてくれました。平和都市宣言に到る迄の
道のりが、つぶさに記録されている素晴らしい本。
 自宅に借りて帰り、続きを読むことにしました。
その中に市民の「原爆体験記」の蒐集の事を記した
項がありました。昨夏、私が広島を訪ねた折見つけた
母の手記は、まさにこれだったのです。爆心地で被爆、
ずつと後遺症に悩んだ母が、体験記を書いていたこと
さえ私は知りませんでした。広島市役所に連絡をして
写真等の記録を送り、慰霊館に遺影を納めさせていただき
ました。涙なしには語れない、とても嬉しいことでした。
折を見て、確認の旅、広島を訪ねるつもりでいます。
a0288500_19494385.jpg
亡夫と植えたやまぼうしの真っ白な花が咲いていました。
a0288500_19513049.jpg

2区画ほど離れている娘宅の山荘。夏休みには大勢の
人達が集います。きっと曾孫達の声も響くことでしょう。
a0288500_19522068.jpg
帰途野辺山を経由で帰りました。NZのチーズを購入、
庭でスモークチーズを作りました。私の得意の一品
です。
a0288500_17385244.jpg
a0288500_17392092.jpg

by aki1933 | 2017-06-25 07:37 | Comments(0)
 早朝のメイプルとの朝散歩は、私と次男俊の役割    
です。朝の小金井公園の爽やかさときたら、本当に
素晴らしいと、いつも思っています。朝の空気は
美味しいし、鳥の囀り、朝日に輝く公園の緑、少し
早足にいつものコースを歩きます。しかしこのところ
一日の疲れが、夕方にはピークに達して、肩から
背中がパンパンに張ってしまって、頭痛さえしてくる
状況になり心配で、整形外科や整体院を巡り受診して
やつと診断がつきました。10年前、夫の介護中に
転倒して鎖骨脱臼した個所をテーピング治療で直した
筈でしたが、後遺症がのこり、それを無理々々に整体
していたのでした。
少しも症状が改善しないので、もう一度医療機関で
診断をあおぎ、やっと原因を突き止めていただき、
週2回のリハビリに通うことになりました。痛み
止め薬と漢方薬も処方して下さいました。安心もあり
朝の目覚めは、すっきりでメイプルとの散歩も心から
楽しめるようになりました。同年齢の友の訃報もあり
83歳は、いつ何が起きてもおかしくない年齢だと
自覚しつつ、一日を大切に、楽しみたいとの心境です。
a0288500_20592168.jpg


by aki1933 | 2017-06-21 08:26 | Comments(0)
 爽やかな青空。空梅雨で水不足が心配されます。
次男にカメラをしょってもらい、神宮内苑の菖蒲
見物に出かけました。
 原宿駅は大変な人出、表参道へ繰り出す若者だけ
ではなく、明治神宮に向かう人の群も多彩な人たち、
外国の方も多いようでした。
内苑の杜は、ここが都心であることを忘れてしまい
そうな雰囲気です。水連の咲く池からさらに進むと、
美しい菖蒲の咲き揃う風景が広がります。でも見物人
の多さは、大変な数です。水不足、それとも少し花の
盛りを過ぎてしまったのでしょうか?アップに耐える
お花を見つけるのは、難しかったです。
<追伸>
上掲の句、菖蒲冴えとしていましたが、冴えは冬の季語
とのご指摘を受けました。毎月8句を添削していただき
5句を「春燈」、3句を「青淵」に投句しています。
亡夫の好きだった投句をそのまま引き継いだ訳ですが
本当に素養もなく、いつもまさにやっと捻り出す有様。
よく吟行にでかけていた夫が羨ましい。
     
a0288500_10264203.jpg
          
a0288500_10253758.jpg
          
a0288500_10284367.jpg
          
a0288500_10310702.jpg


by aki1933 | 2017-06-20 10:32 | Comments(0)
 庭の紫陽花の蕾が日毎に色づき始めました。
昨年、ご近所のお花好きの方から分けていただき
挿し芽した紫陽花の新色が仲間入りして早くもピンク
の花を咲かせています。
 毎年咲いているブルーの紫陽花も沢山の蕾を付けて
いますが雨が少ないせいか色付きが遅くて、気になって
いました。 でもやっと梅雨入りした模様、雨の中、
冴えた色の紫陽花の花に出逢えるのは嬉しいですね。
 実は薔薇の季節が終わり、梅雨前に作業を終えなく
てはと昨日まで頑張って花がら摘み、つる薔薇の整枝、
お礼肥まで済ませたところでした。 この作業は、年々
少し辛くなってきました。
 今年は薔薇の害虫に悩まされましたが、庭師さんの
殺虫剤散布が遅れたのです。40年もお世話になった
庭師さんが交代し、年2度の手入れがスムーズに捗ら
ないのです。困りました。
お花の写真もうまく撮れませんが添付しておきます。
ブログの編集が新しくなって、写真のアップロードが
とても難しくなりました。勉強会に参加し学びましょう。
a0288500_13163142.jpg
a0288500_13194799.jpg
a0288500_13173305.jpg

by aki1933 | 2017-06-07 18:11 | Comments(0)
昨6月2日、武蔵野公会堂で開催のまついのりこさんを
偲ぶ会に出席をいたしました。絵本作家として沢山の
作品を遺され、絵本の世界に名だたる賞も受賞された方
でした。さらに日本文化の紙芝居を海外に広める活動も
されました。会場に溢れんばかりの人達、皆がやさしい
心に包まれて会は進行して行きました。
 今から40年も前、私共の次男のような子の学校教育
の場は、今ほど充実していませんでしたから、小学校
入学時に、本当に右往左往してしまいました。著名な
児童精神科医を訪ねカウンセリングを受けながら、
一年就学猶予の末に入学した学校での不適応は本当に
悲しさでいっぱいでした。その時、同じクラスの数人の
お母様と悩みを語り合う中、四面楚歌の状態にアドバイザー
として私達を支えて下さった方が、松井紀子さんでした。
私は学校選択を誤ったと思いましたので、早々に転校を
決意しました。
 幸い転居した小平市の小学校長は当然本校がお受け
すべきお子さんですと云われ、担任の先生方にも恵まれて、
地域の学校で義務教育を修了しました。杉並区立済美職業
実習所を経て小平市の製パン工場に就労しました。
丁度その頃に歳末の吉祥寺の街で、松井紀子さんに偶然に
お会いしました。家族写真を添えて印刷した年賀状をお渡し
して、近況をお知らせ出来たのでした。
 紀子さんは、我が事のように喜んでくださいました。
ピーちゃんのキャラクターが沢山遊ぶTシャツを贈って
下さいました。絵本作家としてご活躍の中のお心遣いを
嬉しく受け取らせていただきました。今回偲ぶ会へも
お誘いいただきました。明るくて気配りのある方でした。
お二人のお嬢様達、夫々の道をしっかり歩いておられ、
素晴らしいご家族でした。沢山の絵本の中から、曾孫
のために赤ちゃんシリーズの本を求めて帰宅しました。
心よりご冥福をお祈りいたします。
a0288500_16232369.jpg
a0288500_04544933.jpg
 いただいたご本「あの日の空の青を」は終戦の日の空の青、
平和の祈りをこめたエッセイ集でした。同年代を生きてきた
私達の心からの願いです。有難う!紀子さん。
by aki1933 | 2017-06-03 13:01 | Comments(0)
 過日 日本画家、東山魁夷の絵をめぐって写真講話
に参加をさせていただく折がありました。
自然美に敬虔な祈りを込めて画かれた作品の数々は、
私の憧れです。以前に家族の車で奥蓼科の御射鹿池を
訪ねたことがありました。魁夷の「緑響く」のモチーフ
になった所です。写真に納めたのですが、技術不足で
まったくものになりませんでした。
 ぜひ実物の絵に接したいと思っていましたが、昨日
KSNCのkさんのブログで市川市の魁夷記念館の存在
を知りました.早速土曜日に次男を伴ってでかけることに
しました。彼は重いカメラを背負ってくれます。JR総武線、
下総中山下車、タクシーでドイツ様式の素敵な記念館に到着。
ドイツ留学の時代を経て、北欧のスケッチも沢山
画かれていて、ミニ画集や作品目録等を求めました。
 絵画の方は、いつの日か長野市信濃美術館を
訪ねることにしたいと思います。
 行きのタクシードライバーに下総中山の歴史や日蓮宗
寺院のことを聞きましたので、寄り道をしながら、帰途は
京成電車に乗りました。電車は次男坊の楽しみのためです。
私にとっては、写真撮影、とりわけ構図の決め方について
勉強になったと申し上げておきましょう。
a0288500_2111664.jpg
 
a0288500_15144729.jpg
a0288500_21122991.jpg
a0288500_2113324.jpg
a0288500_21133676.jpg
a0288500_2149260.jpg

参道のお花屋さんで早くも紫陽花。
by aki1933 | 2017-06-01 18:04 | Comments(0)