人気ブログランキング |
ブログトップ

四季折々の写真・俳句集

aki1933.exblog.jp

写真と俳句で綴る日々の記録

<   2015年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

櫻の満開の時期、嫌な雨の予報です。櫻の色あせぬ
間にあちこちの櫻を訪ね写真を撮ることにしました。
昨日の国立に続いて、横浜の山手までいきました。
 美しく咲き匂う櫻に早や新緑の木々の芽が色を添えて
います。快晴でぐんぐん気温が上っていますが、強い風が
吹いて、花びらが舞い散ります。いつも見慣れている風景
ですが、こんなにも心を弾ませてくれる櫻花、素晴らしい
ですね、
 外人墓地と櫻、聖公会教会と櫻、港の見える丘公園と
撮影して歩きました。どこもかしこも人、人でとてもカメラ
を構える状態ではありませんでしたが、何とかシャッター
を切りました。
 帰宅時間を気にせず、夜景を撮ってみたいと思いますが
残念ながらそれも叶いませんでした。
a0288500_23215015.jpg

a0288500_23223212.jpg

a0288500_2323514.jpg

a0288500_23235433.jpg

a0288500_23243523.jpg

a0288500_23251213.jpg

by aki1933 | 2015-03-31 20:13 | Comments(0)
 久々に国立の櫻並木通りを歩きました。大勢の人々で
賑わっていました。桜の下にあるベンチに腰をおろして、
静かに櫻を鑑賞する人々、折しも一橋大学祭らしく大学
が開放されておりました。長男が通った高校はその先で
した。保護者会にいったのは、30数年も昔のことです。
 でも感傷にひたっている訳ではありません。今日は
街中の風景を撮影してみようと思い立ったのです。
 デジカメ同好会の方々が、街中で素敵な写真を撮って
こられますが、私は中々カメラを構える勇気がありません。
櫻を愛で、ゆったりと憩う高齢の方に後ろからカメラを
向けました。やっと数枚を撮りましたので、お目にかけ
ましょう!
a0288500_1772138.jpg

中央線国立駅ホームから櫻並木を望む
a0288500_1774971.jpg
a0288500_1781510.jpg
a0288500_1784135.jpg

by aki1933 | 2015-03-30 17:09 | Comments(0)
 土曜日の早朝には、まだ固い蕾だった櫻花がいっきに
気温の上昇で開花しました。本当に見事です。日曜日の
夕方長野から帰宅する車中から、沢山の櫻を眺めること
ができました。冠雪の山々の麓に、ピンクの早咲き櫻が
見えたり、だんだん東京に近づくと桜のトンネルもあった
りして、こんなにもバランスよく植栽されていることに感嘆
してしまうのでした。
 私の住んでいる小平市は小金井公園に隣接している
地域で、桜の名所として知られています。明朝は、早起
きして、まだ人出の少ない公園を撮影したいと思います。
さて、予定通り六時起きして、小金井公園の桜撮影です。
今日はいつもの犬の散歩をしながら、朝の静かな公園の
櫻を撮影しました。朝日をうけて、輝くばかりの櫻はまだ
五分咲きといったところでしょうか。桜の樹の下でベンチ
に座ってお弁当をひろげる方がありました。さぞ仲の良い
ご夫婦なのでしょうね。朝の時間帯は忙しいですから、
いつもの太極拳はパスして早々に帰宅しました。
a0288500_7591853.jpg

a0288500_7595510.jpg

a0288500_804645.jpg

a0288500_8195976.jpg

a0288500_8213916.jpg

a0288500_8223591.jpg

by aki1933 | 2015-03-29 22:46 | Comments(0)
 春のお休みがやっと取れて、長男夫婦と娘夫婦、それに
次男と私の六人連れで八ヶ岳中央高原・原村の山荘に
出かけることになりました。
 我が家は、朝五時起床、愛犬メイプルも連れていざ出発!
八時前には山荘到着、NHKの連続テレビ小説「まっさん」
の最終回を観ることができました。
 冬の間、閉鎖していた山荘開きは大変です。水道管凍結
防止のために水抜きしてあった水道のこと、布団乾燥機を
使用して、寝具の手入れなど、皆で手分け作業です。
 昼食は娘宅で、原村自由農園で購入の原村野菜の数々、
季節限定の櫻炊き込みご飯や、自家製醸造味噌汁が並び
ました。ここでもニッカウィスキーの竹鶴や近くのサントリー
白州工場のウィスキーが話題になりました。飲酒は夜のお
楽しみということで、二家族の主婦は持ち寄り料理の献立の
相談をしています。
 村営の温泉「樅の湯」で寛ぎ、夜の会食の始まりです。
孫誕生、息子の結婚と親世代は育ちゆく新しい家族のこと
幼かった頃の想い出、尽きることのない話で、楽しい時間
が流れます。
 翌朝は、メイプルが定刻に鳴き、いつもの散歩は四人で
自然文化園まで一周のいつもの原村コース、それでも充分に
楽しい山荘滞在でした。
 重い一眼レフカメラを持ちながらの散歩ですが、薄曇りの
天候に中々シャッターチャンスに恵まれませんでした。
自然文化園・湿生花園のザゼンソウ、まるやち湖から望む
八ヶ岳と白樺林、もう少し太陽光線をと思いました。
a0288500_22584541.jpg

裏庭を流れる小川の水は、雪解けの水で勢いがよい。
a0288500_22594444.jpg

a0288500_2302856.jpg

原村自然文化園内の湿生花園はザゼンソウが咲いていた。
花は香りがよいらしい。この後ミズバショウが咲く。
a0288500_2324238.jpg

by aki1933 | 2015-03-29 22:21 | Comments(0)
 2日がかりで春の庭仕事に精をだしました。落ち葉で
マルチングしてあった、薔薇にも施肥をして、伸びすぎた
枝を剪定・誘引して開花の準備も整いました。心地よい
達成感です。次男が色々と手伝ってくれました、
 骨休みに、電車の好きな次男のために、出かけることに
しました。西武池袋線が横浜・みなとみらい駅まで直行に
なり多摩地区から乗り換えなしで行けるのです。
 次男が色々掲示をみて、これは行かないよと教えてくれ
ました。西武線だけでなく、東武東上線とも接続している
ようでした。相互乗り入れは大変便利になりました。
 前置きはさておき、横浜港・山下公園に着きました。
明るい陽射しの心地よさ、家族連れで賑わう海辺の公園を
そぞろ歩きです.やさしい浜風にカモメの乱舞、何と満開の
枝垂れ桜まで見ることができました。
 素敵なイタリアンレストランでピィツァ・セットのランチを
注文、一人一枚二種類を頼みましたが、大きすぎて吃驚!
一枚は自宅にテイクアウト、ケースに包んでもらいました。
前菜やデザート・珈琲付きで1500円でした。たまには
こんな遊び気分も楽しいですね。、カメラを持参しなかった
ので、小さなカメラでの写真、添付します。
a0288500_20434192.jpg

a0288500_20443854.jpg

a0288500_20453711.jpg

a0288500_20465755.jpg

by aki1933 | 2015-03-22 19:26 | Comments(0)
 冬の間なすこともないまま、冬眠状態だった庭仕事、
啓蟄を迎える頃、薔薇の新芽も動き始めます。薔薇の
根元をたがやして寒肥を施す作業が、私の春を迎える
庭仕事のはじまりです。
 小さな庭の垣根に植えた木々の間に、つる薔薇を
植えたのは今から3~40年も前のことでした。
 5月に綺麗な花を咲かせてくれますが、垣根に
植えた木も大きくなりお互い窮屈そうです。そして、
老木化してきました。悲しいけれどだんだん私の手に
負えなくなりそうです。
 芝の手入れは、息子夫婦が引き受けてくれますし、
寒肥購入は八ヶ岳農場の牛糞が安くて品質が良い
のでこれも息子の車を頼りにしています。
 今年は牛糞以外の薔薇の肥料は、私がアマゾンの
ネット購入をしました。混合肥料を作り、老いて勢いの
弱った薔薇の根元に施肥するのは、私の仕事です。
もう来る年、来る年やり続けてきました。この暖かさで
薔薇の新芽が勢いよく成長しています。老いにも
負けずに、お互い頑張りましょうね!
 下草に植えたレンテン・ローズが随分増えて花を
咲かせています。
a0288500_126857.jpg

a0288500_1245413.jpg
a0288500_1252766.jpg

by aki1933 | 2015-03-20 12:07 | Comments(0)
 お雛様を今年も姑の書の前に飾りました。
97歳で亡くなった姑はとても立派な書を書く人でした。
亡くなる直前まで筆を持っていました。条幅にもしたのが
遺されていましたが、郷里の広島からいただいてきたのは
半紙に書かれたものです。主人が篆刻を彫って落款を
押すように贈りましたが「そんとなものを押すほどのもの
じゃない」と笑っていました。
 小平の家を2世帯住宅に建て替えた折、和室は2階に
なりました。家族団らんのリビングと私達老夫婦の部屋で
建築制限いっぱいでしたから・・・・。
 日常生活は椅子の生活となり、不自由はありませんが、
日本の伝統的な行事には、色々と制約がありますね。
お雛様も狭い場所で、屏風も雛段も省略となりましたが、
でも、ちらし寿司を作ってお祝しました。ひなまつりの唄
をひとりでに口ずさんでおりました。
a0288500_1435970.jpg

by aki1933 | 2015-03-08 13:42 | Comments(0)
 3月の撮影会「飯能のひな祭り」を都合で欠席してしまい
それに代わる撮影を「蔵の街川越」と決めて、水曜日の
午後西武新宿線の終点、本川越に向かいました。
 駅の観光案内所で「小江戸川越の散策マップ」を入手、
蔵造りの街並み通りを歩く。電線のない通りの撮影にかか
ったが、西日がさす時間帯、光と影のコントラストが強すぎ
モニターを確認しながら、難しいものだと思う。
 川越まつり会館で川越山車やお囃子等の素晴らしい展示
ホールを見学、歴史やお祭りについて説明を聞きました。
 最近の祭りは、10台の山車が町内を練り歩くそうで、
木遣り、お囃子にのり、ゆっくりと車輪をきしませながら巡行
するとの事。クライマックスは宵山、交差点で繰り広げられる
「曳っかわせ」、山車どうしがお互いに囃子を競い合うのだ
そうです。3台4台と出会い曳っかわせが始まり、最高潮に
達するとのことでした。
 少し時間をとってしまい、外に出ると街は灯ともし頃となり
蔵つくりの和菓子店「亀屋」にも灯りが点り、綺麗に撮影する
ことができました。
 折角開催中の雛の美術館は水曜休館、五百羅漢の喜多院
にも辿りつけず、少し残念な川越散策となりました。
a0288500_8382381.jpg

これは、りそな銀行川越支店です、
a0288500_8501443.jpg

a0288500_848490.jpg

a0288500_8393810.jpg

a0288500_1127341.jpg

a0288500_11274980.jpg

a0288500_11305690.jpg

by aki1933 | 2015-03-05 08:39 | Comments(1)
 2月24日~3月1日まで小平市中央公民館で開催の
展覧会。2年に一度の会とあって、シニア世代が日頃の
活動で培った様々の技量を展示した素晴らしい展示会
となりました。私が参加しているのは、デジカメ同好会、
一眼レフカメラで撮影した写真をA3サイズにプリントして
額に入れ、皆様の作品と共に展示していただきました。
 四季折々の写真に俳句を添えて書き綴ったマイブログ、
写真集も一年毎にまとめて製本しました。世界で一冊だけ
の本をハードカバーで創る製本。この技法をお教え下さった
高澤先生に会場でお会いして心よりお礼を申し上げました。
 昨秋は写真集をパソコンで編集して、DVDに音楽入りで
制作する技法もお教えいただきました。本当にこんなことが
パソコンで出来るのだ!と感動しています。
 講師を務める方や作品を展示している方の中にはプロと
してご活躍だった方々がいらっしゃいます。そのセンスの
良さに、私達は様々のことを学んでいきます。その上に、
パソコンの技法を惜しみなく教えてくださるのです。
本当に素晴らしい会に参加できて、嬉しく思っております。
沢山の方々にお世話になりました。有難うございました。
   <PS>
     NPO法人登録されているKSNCの活動には、地域
     の小・中学生対象のパソコン教室等の奉仕活動等
     もあり、シニア世代のパワフルな働きにも驚きます
     益々の発展が期待されます。小平市内の公民館が
     活動の拠点ですが、市外からの参加も可能です。
     詳しくはKSNCのホームページをご覧ください。

a0288500_8305956.jpg

a0288500_8314084.jpg

 
by aki1933 | 2015-03-02 19:12 | Comments(0)
 三寒四温どころか、日替わりでお天気が変化しています。
冬ざれてなすこともなかった小さな庭に雑草が芽をだし
福寿草やサクラソウが可憐な花咲かせています。
 デジカメ同好会の2月作品、優秀作品は講評付きで
送られてきました。会員の方々の素敵な作品を拝見して
もっともっとセンスをみがいていきたいと思ったり、もう諦め
の境地になったりしています。
 でも気を取り直し、愛用のカメラの手入れをして、マクロ
レンズに交換をして小さな花々の撮影をしてみました。
工夫のない、ただシャッターを押すだけの写真に失望する
ことになりました。4月に作品展が企画されています。
なんとかしなくては・・・。
a0288500_81119100.jpg

a0288500_8142833.jpg

a0288500_8121174.jpg
a0288500_813020.jpg

by aki1933 | 2015-03-01 08:14 | Comments(0)