人気ブログランキング |
ブログトップ

四季折々の写真・俳句集

aki1933.exblog.jp

写真と俳句で綴る日々の記録

<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 いつも山荘には、メイプルを連れてきます。犬も車酔い
して大変でしたが、最近は落ち着いてきました。散歩道も
覚えて、私達家族連れとの散歩も楽しそうです。道々写真
を撮って遊びました。
 
a0288500_0345158.jpg

   突き当りが八ヶ岳鉢巻道路・村立八ヶ岳美術館があります。
a0288500_1358499.jpg

a0288500_0355124.jpg
a0288500_0363775.jpg
a0288500_0364644.jpg
a0288500_0371734.jpg

a0288500_102931.jpg

a0288500_0592424.jpg

by aki1933 | 2014-10-14 00:37 | Comments(0)
 大型台風が九州を襲っていますが、信州・中央高原の村は、
よく晴れて収穫のシーズン真っ只中、村道を稲刈り用の農用車
が走ります。刈取りの済んだ稲わらの束が整然と並び、遠くに
白煙が立ち上る夕方、山の端に沈む夕日をカメラに収めようと
車を走らせてもらいました。
八ヶ岳南山麓の原村は、縄文遺跡の宝庫です。遥か眼下に諏訪
湖を見下ろす大地に、昔人の生活があり、同じように落陽を見て
いたであろうと想像するだけで、感動してしまいます。
 刻々と変化する雲の様に、シャッターを切りました。気ばかり急い
て、カメラの設定も何もあったものではなく、同じような写真ばかり
並んでいてガッカリでしたが、時間列に並べてみましょう。
a0288500_13501613.jpg

a0288500_13515891.jpg

a0288500_1425038.jpg

a0288500_13543371.jpg
a0288500_13553996.jpg

by aki1933 | 2014-10-13 13:56 | Comments(2)
 体育の日の連休、三人の子供達の家族や友人達が原村に
集いました。早朝5時に我が家を出発した車は、9時前に山荘
到着。メイプルを連れて八ヶ岳自然文化園の手作り市を散策、
午後からは私一人で八ヶ岳美術館へ、開催中の「裂き織展」に
向いました。裂き織はこの地方に古くから伝わるぼろ織のこと。
村落名をつけて「八手織」と呼んでいます。
 村立美術館が裂き織の里から発信して、毎年秋に公募展を
開催します。毎年、大変洗練された作品が届き、楽しみにして
います。写真に撮らせていただきました。
 原村出身の彫刻家、清水多嘉示、書家の津金寉仙、縄文
土器の常設展示があります。村野籐吾が設計された美術館、
信玄の棒の道と呼ばれる林の中あり、静かな空間です。
 長野県諏訪郡原村は、故郷創生資金を活用して「樅の木荘」
「もみの湯」が誕生しました。素晴らしい温泉の湧出で大人気
です。八ヶ岳自然文化園は地元精密工業の協力を得てプラネ
タリュームや大型のオルゴールの数々、この地方の昆虫・蝶等
の標本展示があり、孫たちが、幼かった時代には、科学の心を
育ててくれました。我が家の小さな山荘はもう20数年も前から
家族のいこいの場所です。
a0288500_1235596.jpg
a0288500_1236647.jpg

a0288500_12414877.jpg

a0288500_12422675.jpg

   4枚綜絖の織機は、ニュージーランド・アシュホード社製でした。
   とてもコンパクトな織機で清瀬のタリフ工房でも使用されています。
by aki1933 | 2014-10-13 12:37 | Comments(0)
 爽やかな秋晴れの日、朝の太極拳のお仲間とご一緒に
小金井公園内の江戸東京建物園で開催の「ジブリの立体
建造物展」に行ってきました。両国の江戸東京博物館と同時
開催の特別展、宮崎駿アニメの世界をみて感動しました。
 両国の方はスタジオジブリの最新作「思い出のマーニー
種田陽平展」が中心のようですが、こちらは、魔女の宅急便
隣のトトロ、等々懐かしいアニメに登場する建物のスケッチの
数々が精密な立体画や模型となっていく制作過程が展示して
ありました。しかもこれが、動画となってゆくわけですから、
本当にその制作にかかわる方々の努力に驚かされます。
 園内の「デ・ラランデ邸」でお洒落な昼食をいただきました。
ドイツの建築家が、大正6年四谷・信濃町に自宅として建築
した洋館、公園に移築保存されているものです。落ち着いた
室内に席をとり、しばし安らぎの楽しい時間でした。
a0288500_4134445.jpg

by aki1933 | 2014-10-11 04:14 | Comments(0)