人気ブログランキング |
ブログトップ

四季折々の写真・俳句集

aki1933.exblog.jp

写真と俳句で綴る日々の記録

<   2014年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 二階の廊下に放置していた孔雀サボテンに今年は沢山の
蕾がつきました。広島の姑から株分けしてもらった花、中々
管理が難しくて花を見ることはまれでした。嬉しくて家族に
告げても何だか上の空です。心の中で亡き人たちに報告
しました。同様に月下美人があります。これも何故か毎年
咲かすのは難しくて、時々忘れないで、語りかけるように
手入れすると咲くような気がします。
 少し念入りに写真を撮ってあげました。来年も咲いてね。

a0288500_1861212.jpg

a0288500_18134488.jpg

by aki1933 | 2014-04-30 18:07 | Comments(0)
年二回恒例の鎌倉円覚寺の塔頭、帰源院で開催される
漱石の会に鎌倉の友人と参加しました。
 漱石が参禅した帰源院には溢れんばかりの人で、友人
と私はいつも庭に並べられた椅子での聴講です。空は
今にも雨の降りそうな曇天ですが、新緑の美しい時に鶯の
声も聴こえてくるよい季節です。牡丹花が色とりどりに見事
に咲いていました。
 今日の講師は、漱石が熊本五高時代に出会い、草枕
那美のモデルとされる「前田卓」の評伝の著者安住恭子
氏です。この本は昨年和辻哲郎文化賞を受賞されたそう
です。
 午後からは「百年目のこころ」と題して石崎等氏、多くの
漱石作品評論の中から、漱石のいう「明治の精神」につい 
てまとめたお話を聞きくことができました。
 午後から予報通りの雨模様となりました。4時近くに急ぎ
大船駅ビルにて、家族に好評の湘南釜揚げしらすを買い
求め帰宅しました。家では薬味の刻み海苔と大葉が用意
されておりました。休日の寛いだ食卓、ご馳走のあとのご飯
にのせていただく一膳の美味しさ、幸せでした。
a0288500_2126886.jpg

a0288500_5522229.jpg

a0288500_18351477.jpg

a0288500_152240.jpg

by aki1933 | 2014-04-29 21:29 | Comments(2)
 3月の末にデジカメ同好会のバスハイクで伊豆に行った
時に詠んだ句を「青淵」俳壇に投句しました。今日講評付き
で掲載された小冊子が送られてきました。
<春の海に霞が立ちはじめた。それまで見えていた海と空
の境界があいまいになってしまった。この句、春そのものの
情趣を軽々とおおらかに詠い上げた>と講評をいただいた。
本当に俳句の選者のお目にとまって嬉しく思う。素直に見た
ままを575にしただけなのに・・・。
 同じく掲載句。<仄暗き天城の道や雪残る>
日本の春、桜と富士。昨日の伊豆高原で撮った里山の春霞が、
まさにそれであった。ブログに掲載しておこう。
a0288500_2023061.jpg

a0288500_8564726.jpg

by aki1933 | 2014-04-29 19:18 | Comments(0)
  伊豆高原の弟夫婦から新緑の伊豆へとお誘いの便りが
届き早速次男と一緒に踊り子号で出かけることにしました。
弟は、アメリカ、ニュージャージ州に10年余り暮らした後に
横浜の自宅を売却して、伊豆高原内の住宅を入手しました。
海外暮らしをされていた元持ち主の設計した家は、ユニーク
な作りで広々としており、アメリカから持帰った家具ゆったり
と収まった様子、荒れ果てていた庭は根気よく手入れされて
美しく生まれ変わっていました。
 二人の暮らしぶりは、羨ましいほどに優雅に見えました。
こういう選択をする勇気に、拍手を送りましょう。
 10時伊豆高原駅に車で出迎えてもらい、大室山の麓、
桜の里を訪ねました。丁度八重さくらが満開でした。新緑と
櫻、そして富士山も霞のなかに眺めることができました。
車はこの地方の農家の村落を巡りました。まだ稲作の
準備はされておりませんでしたが、山に囲まれた田圃が
あり、のどかな風景でした。山の新緑は様々な色で彩られ
山笑うの季語を思い出しました。懐かしさの残る里山風景
です。
 自宅に戻り、新鮮なお魚のお刺身や、ちらし寿司をご馳走
になりました。お部屋から伊豆の海や大島が眺められます。
ぬいぐるみのようなワンちゃんがいて、私のスリッパを枕に
寛いでいるので笑ってしまう。我が家も犬好きなのでしばらく
飼い犬の話で盛り上がりました。楽しい一日でした。
a0288500_1423496.jpg
a0288500_14235755.jpg

a0288500_1427098.jpg

a0288500_14282193.jpg

by aki1933 | 2014-04-28 14:28 | Comments(0)
 小淵沢を登ること20分余りの原村は、まだまだ櫻どころか
木々の芽もかたく、そんな中に檀香梅の淡黄色の花がひっそり
咲いておりました。庭仕事に精を出す娘をよそに、私と次男は
持参したDVDを楽しんで過ごしました。
 夕方、原村ご自慢の「もみの湯」に浸かり、痛めた体には最高
の湯治となりました。翌日は薪ストーブに火が入る寒さでしたが
部屋の中はほんわりと温かく、大好きなドイツ魔女のおばあさん
もご機嫌に見えました。
 早春の原村風景も写真に収めました。自然文化園の湿生花園
の水芭蕉が咲いていました。大きな一眼レフカメラを何とか操作
して撮る私の傍らで、スマホで写真を撮る娘は、縦位置の構図で
覗き見すると中々よく撮れているのです。仕方ないのかなぁ~。
カメラに負けないよう、頑張りましょう!
a0288500_1652012.jpg

a0288500_18464662.jpg

a0288500_18474823.jpg
a0288500_18482796.jpg

a0288500_185141100.jpg

by aki1933 | 2014-04-20 18:48 | Comments(0)
 連休の八ヶ岳山荘開きの準備のため、原村行きの娘の車に
同乗しました。笹子トンネルを出ると、素晴らしい快晴。
春霞の中ですが、甲斐駒ケ岳の雄姿、冠雪の白さが峰々を
際立たせています。丁度小淵沢辺りは櫻が満開の美しさです。
高速を下りて何度か車を停めてもらい、桜と山々をカメラに
収めました。
 ほんと高齢のカメラマンは、足元もおぼつかなくて・・・。
ごめんなさいね!手前の樹が邪魔なのか、こちらの背丈不足?
岩によじ登ったりして苦心の結果の写真です。俳句も添えること
にしておりまして・・・。何ともお粗末様です。

a0288500_1814359.jpg

a0288500_18165685.jpg

by aki1933 | 2014-04-20 18:13 | Comments(0)

 国立昭和記念公園チューリップ園の撮影会の案内が
届きました。うぁ~!残念!先約があり参加ができません。
好天の朝、「今日だ」とカメラを担いで家を飛び出しました。
西立川駅に降り立つと、目の前をデジカメ同好会の講師、
加藤先生が歩いていらっしゃるではありませんか。
「よかったら清瀬のグループに参加しませんか」と、誘って
いただきました。何とラッキーな出会いでしょう。加藤先生
に撮影ポイントを教えていただきながらの撮影でした。
オランダ王立公園キュウケンホフにも負けない立派な作庭
で水辺に映り込んだチューリップは色とりどりに咲き競ってい
ます。 大きな樹々の木漏れ日がやさしく花を包み込んで、
一層美しさを際立たせているように思えます。写真撮影も
さることながら、美しい新緑、爽やかな春風、「春惜しむ」の
本当に幸せな時間を過ごしました。同好会の皆様に先立って
過ごした撮影会、本当に有難うございました。
a0288500_193061.jpg

a0288500_19343775.jpg

a0288500_1949589.jpg

by aki1933 | 2014-04-18 18:43 | Comments(0)
 痛む足を気遣いながら、小さな旅をして来ました。寒気が
やってきて、不安定な週末でしたが、次男と二人私の育った
街を巡る楽しい旅でした。
 横浜線経由桜木町で下車、横浜市の観光バス赤い靴号
100円バスを乗り継いで観光スポットを巡りました。時々雨
が降るかとおもうと、さっと青空になりとても気まぐれな空。
持参したカメラでシャッターを押すだけという写真を撮りまし
た。
 逗子マリーナに宿をとり、相模湾の落日も撮影しました。
折しも、ダイヤモンド富士が眺められるとあってマリーナの
鎌倉側の護岸には大勢のカメラマンが列をなしていました。
カメラは標準レンズしか持参しなかったのが、悔やまれまし
たが、重いものは持てないのです。
 4月のデジカメ同好会に持参する写真と重なりますが、
ご覧に入れましょう!
a0288500_14425537.jpg

  櫻はすでに葉櫻です。新緑の季節到来。
a0288500_14432468.jpg
a0288500_14443566.jpg
a0288500_14452315.jpg

a0288500_14504015.jpg
a0288500_1451361.jpg
a0288500_14521774.jpg
a0288500_1453751.jpg

by aki1933 | 2014-04-06 14:46 | Comments(1)
 昨日の激しい雨が上がり、東京は素晴らしい快晴の日に
なった。あれ!雷の予報は外れかしらと思ったが、小金井
公園の桜まつりには絶好の日和である。よかった!
 我が家のしだれ桜が、青空をバックに美しく咲いている。
今から20年も前に、孫のY君が小学校入学記念に植えた
桜だ。親指くらいの太さの苗木だった樹が、よくぞ育ったもの
と思う。
 広島三次の実生の山紅葉も大きく育ち新芽がとても美しい。
これも例年楽しみにしている樹だ。お隣からいただいた山吹
が、株分けで増えて庭中に広がっている。少し増えすぎかな。
私の仕事だった庭の手入れが難しくなってしまって、雑草も
伸びるにまかせてしまっている。つる薔薇が朝日のあたる
東隣のお宅に枝を伸ばしてしまっている。先日垣根越しに
お断りをいう始末だ。
 昨日とうとうステッキを購入した。私の体重を支えるために
しっかりしたものを選んだ。効果てきめん。電車でお若い方が
席を譲ってくださった。とても有難かった。
<PS>
 午後から急に空が暗くなり、激しい夕立となりました。
この辺り小金井カントリーの雷警報のサイレンが鳴ります。
天気予報もよく当たります。傘の用意を忘れずに!

a0288500_13451372.jpg
a0288500_1346446.jpg
a0288500_13471322.jpg

a0288500_13522499.jpg

by aki1933 | 2014-04-04 13:47 | Comments(0)
 四月一日の小金井公園太極拳は、青空のもとで開かれた。
多目的グランドの芝生の上で、いつもの太極拳教室。套路
の細かい点を色々と教えていただいた。立身中正、体の力を
抜いて丹田に気を集めて行う太極拳は、私の健康維持に役
立っている。このところ、まさかまさかの神経痛にもやさしく
応えてくれている。
 快晴のお花見日和となった午前中、公園は大勢の人々で
賑わっている。櫻の樹の下や、芝生に場所を取り、お弁当を
広げる家族連れで混み合っている。皆楽しそうだなぁ~。
人出で賑わう公園を痛みの足で時間をかけて歩き帰宅した。

a0288500_1641121.jpg
a0288500_16411316.jpg
a0288500_1643543.jpg

by aki1933 | 2014-04-01 16:43 | Comments(0)