人気ブログランキング |
ブログトップ

四季折々の写真・俳句集

aki1933.exblog.jp

写真と俳句で綴る日々の記録

<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 兼ねてから、相模沖を航行する大型船に乗船してみたいと
思っていました。鎌倉に住む友人を誘って、次男も同行して
ワンナイトクルーズ「日本丸」に乗船する日、東京は、何と雪
の予報、日本列島には寒波襲来との予報でした。
 宿泊は314号室、船底で眠れぬ一夜を明かすのかも知れ
ないと覚悟を決めての参加でした。
 しかし意外や意外、本当に楽しい思い出の旅となりました。
乗船口でサンタクロースとじゃんけんに勝ってプレゼントを
手にした私は、夕食のお肉料理の下に隠された星形人参に
も当って、またまたサンタさんからプレゼントをいただきま
した。カクテルパーティのゲストは、チェコ少年合唱団、
成人男性の声も加わり、更に深みを増した歌声、民族衣装に
着替えて踊りながらのコーラス、大震災のお見舞いメッセージ
と日本語の「花は咲く」に大感動です。最後は会場も和して
クリスマスソングを歌いました。
 お部屋には、シャワーしかないので、お風呂抜きかと思って
いましたら、三階には大浴場があって、ゆっくりと入浴もでき
よく休むことが出来ました。共に傘寿を迎えた友人と健康を
祝しつゝ、何よりの想い出の旅に感謝したことでした。
 早朝目を覚ました私達は、部屋の窓から景色を眺めました。
神奈川県育ちは、江の島を旋回し浦賀沖から東京港に入る
海路にも詳しく、海から眺める陸の景色を楽しみました。京浜
工業地帯は、白煙を上げて活動の様子が眺められました。
 火力発電所がフル稼働しているのかしらと話し合ったのでし
たが詳しくは分かりません。羽田空港の飛行機の離着も大きく
見えました。レインボーブリッジをくぐり、着港の有様がテレビ
を通じて手に取るように見えました。
 好奇心旺盛のおばあさん達は船内もくまなくめぐり帰途に着い
たのでした。東京は氷雨から、雪交じりの天候に震えあがり
ましたが、無事に帰宅することができて、めでたし、めでたし!
a0288500_22525691.jpg
a0288500_09335232.jpg

by aki1933 | 2013-12-20 18:45 | Comments(0)
 デジカメ同好会の西武園イルミネーションを撮影する会に
参加しました。日没4時28分狭山湖畔からのスタートです。
西武園に移動して、イルミネーションの点灯を待ちました。
トワイライトブルーの空の撮影、イルミネーション点灯後の
カメラ設定、三脚、レリーズ使用等々、講師の先生の指示を
聞きながら夢中で撮影しました。うち5枚の作品を講評会に
持参するのが決まりです。
 傾斜地を彩るLed電球は一体どのくらいあるのでしょう!
音楽が流れ、色が刻々と変化して行く様は、豪華そのもの
「綺麗!」とは思いますが、何だか物悲しく思えたりもしてき
ます。なぜでしょう!まあ変なことを考えるのは止めて、よい
写真を撮る事に専念しましょう!

a0288500_174592.jpg
a0288500_1745454.jpg
a0288500_17463199.jpg

by aki1933 | 2013-12-20 17:46 | Comments(0)
 投句を済ませ、開会の時間までまた散歩に出ました。
快晴の日曜日、由比ヶ浜の海岸沿いは、まさに冬麗の
散歩です。サーフィンを楽しむ若者、ウィンドサーフィンも
見えます。蒼い海、沖にはヨットの白い帆、明るい風景に
魅せられました。

 さて、問題の句会、96名の参加、288句の中から5句を
選句、披講、講評と続きます。今回、私の俳句目線が全く
違っておりました。久保田万太郎を師と仰ぐ春燈、まして
おひざ元の鎌倉ですから、そこに焦点を当てた句が多く
出されておりました。俳句巧者の諸先輩の俳句を沢山
見せていただき、俳句を詠む姿勢を改めて学ばせて
いただいたと思いました。私の写真に添える俳句は、
説明的になってしまい、俳句とは別物ではないかしらとの
疑問もわいてきました。フォト俳句をなさる方に伺ってみたい
と思います。

a0288500_11193243.jpg


a0288500_11254495.jpg

    後方は逗子マリーナ
a0288500_1132599.jpg


a0288500_2127328.jpg

by aki1933 | 2013-12-02 11:19 | Comments(0)
 11時から始まる句会の前に、鎌倉の街を歩くことにしました。
鎌倉駅近くの妙本寺までぶらり散歩です。滑川を渡り、静かな
寺領に入ります。山全体が落ち着いていて、私の好きな場所
です。山門までの登り道、あまり陽もささないほの暗い道です。
比企一族の終焉の地とか、苔むした古い墓石が並んでおりまし
た。冬枯れの庭ですが、花の季節にはとりどりの珍しい花を
楽しむことのできるお寺です。時間が気になって、句作もまま
ならず、困っておりました。

a0288500_1037698.jpg


a0288500_10393721.jpg


a0288500_10375341.jpg

by aki1933 | 2013-12-02 10:27 | Comments(0)
 日曜日の「春燈」鎌倉句会に参加するため、逗子マリーナ
に一泊しました。夕刻に鎌倉着、荷物を宿に預け、カメラを
持ちぶらり散歩に出かけます。江ノ電に乗り稲村ケ崎の車窓
から、夕日の傾くのが見えました。七里ヶ浜で急ぎ下車して
相模湾の落日をカメラに収めました。何とスケールの大きい
景色でしょう。沢山の人々が感嘆の声を上げていました。
 有名な古戦場、昔人も目にしたであろう風景に、唯々感動
しておりました。

a0288500_20404637.jpg

a0288500_954580.jpg

by aki1933 | 2013-12-02 09:55 | Comments(0)