人気ブログランキング |
ブログトップ

四季折々の写真・俳句集

aki1933.exblog.jp

写真と俳句で綴る日々の記録

<   2012年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧


 山下公園通りから山手に向かう散策の途中、横浜地方
事務所の前にヘボンの旧屋敷跡の碑が建つておりました。
幕末、明治初期横浜港開港とともに来日した宣教師、医師。 
聖書の翻訳、和英辞書を編纂し、ヘボン式ローマ字を考案
する等、多彩に活躍したアメリカ人です。明治学院の創設者
としても知られています。すごい人ですね!
台風の接近で突然のにわか雨に出会いました。
写真は中央のレリーフの部分です。

a0288500_20395021.jpg

by aki1933 | 2012-09-30 01:39 | Comments(0)
 横浜行きのスタートを暑さを避けて午後からにしたので、
歩きまわって夕暮れになった。トワイライトを狙ったつもり
だけどカメラがうまく機能してくれなくて、残念。
ニューグランドホテルの灯りが美しかった。
2008年3月、厳しい闘病中でしたが、私共夫婦の金婚祝
夫の傘寿祝をこのホテルに一泊して行いました。総勢12名
本当に楽しい会でした。横浜育ちの私は、米軍に接収され、
マッカーサー元帥の宿泊ホテルとなっていた時代を記憶して
いるのですから、夢のような時間でした。

a0288500_14384250.jpg

by aki1933 | 2012-09-24 15:30 | Comments(0)

 氷川丸の係留チェーンにカモメが羽を休めている。
夜のねぐらとなるのであろうか! 中秋の名月も近い
から、きっと心地よい眠りとなることだろう。

a0288500_14473011.jpg

by aki1933 | 2012-09-24 14:40 | Comments(0)

 「春燈」神奈川大会句会のお知らせを受け取りました。
初心者の私にはまだまだの感もありましたが、会場が
横浜とあっては、心が動きます。カメラを持ち久々に
横浜の街を歩きました。港から山手を散策し、写真を
撮りました。句を詠んで添えてみる、ようやく秋めいて、
夕暮れの風が涼しく、心地よい。
 氷川丸は、戦前の良き時代を外国航路で活躍、戦後
は引揚げ船として働いた。ご苦労様でした。

a0288500_14274519.jpg

by aki1933 | 2012-09-23 14:08 | Comments(0)

 横浜ランドマークタワー25階に登るチャンスがあり
ました。新しくニコンの一眼レフカメラをやっと入手し
ました。カメラの講習会をニコンの横浜支社に申し込み
したのです。カメラの使い方講習、その上この景色です
から最高!でした。
いつもの景色が、ミニチュアの世界に変身しているのを、
カメラに収めたりしていると、豪華客船に乗船して、世界
一周の夢が叶えられそうに思えたりする楽しい一時でした。

a0288500_9233916.jpg

by aki1933 | 2012-09-23 09:37 | Comments(3)

 広島の甥から松茸の宅急便が届きました。お礼の電話を
かけると、新しい松茸の調理法を教えてもらいました。
最近広島ではパン粉をつけてフライにして香を閉じ込める
のだそうです。試してみることにしましょうか。そして松茸の
半分は、娘宅に届けましょう。
有難う、将ちゃん!


a0288500_2062862.jpg

by aki1933 | 2012-09-22 09:01 | Comments(0)

 高速道路のパーキングエリアから、姥捨の千枚田を
見下ろしました。黄金色に色づいて豊作の秋でした。

a0288500_4193513.jpg

by aki1933 | 2012-09-17 03:52 | Comments(0)

 信濃路の帰途、田毎の月で知られている姥捨に
立ち寄りました。この地方に伝承されている民話、
姥捨は子供たちのために語り継いでいきたい
暖かいお話です。

a0288500_421720.jpg

by aki1933 | 2012-09-17 03:40 | Comments(0)
黒姫高原スキー場は、早くもとりどりのコスモスの花で
彩られ、初秋の風に揺れておりました。
 スキーリフトで頂上に行くと、野尻湖が眼下に見渡せます。
湖畔には何と象の博物館がありました。
何万年も前の象の化石が発掘されたらしい!
こんなに沢山の化石を見せられては!
にわかには信じがたいけど・・・。すごい!

a0288500_17451533.jpg

by aki1933 | 2012-09-15 13:25 | Comments(0)

 記念館の沢山の資料から、一茶の新たな一面も見えて
きました。自分の生きた時代を、真摯にみつめ、句を
詠んだ俳諧師であったと・・・。
一茶像を見上げ、信州信濃の山奥のそのまた奥の一軒家
と童謡にも歌われたこの地方から、全国行脚した、
偉大さを思いました。

a0288500_13123237.jpg

by aki1933 | 2012-09-15 12:53 | Comments(0)