ブログトップ

四季折々の写真・俳句集

aki1933.exblog.jp

写真と俳句で綴る日々の記録

深き森幻の白馬初夏の夢

 過日 日本画家、東山魁夷の絵をめぐって写真講話
に参加をさせていただく折がありました。
自然美に敬虔な祈りを込めて画かれた作品の数々は、
私の憧れです。以前に家族の車で奥蓼科の御射鹿池を
訪ねたことがありました。魁夷の「緑響く」のモチーフ
になった所です。写真に納めたのですが、技術不足で
まったくものになりませんでした。
 ぜひ実物の絵に接したいと思っていましたが、昨日
KSNCのkさんのブログで市川市の魁夷記念館の存在
を知りました.早速土曜日に次男を伴ってでかけることに
しました。彼は重いカメラを背負ってくれます。JR総武線、
下総中山下車、タクシーでドイツ様式の素敵な記念館に到着。
ドイツ留学の時代を経て、北欧のスケッチも沢山
画かれていて、ミニ画集や作品目録等を求めました。
 絵画の方は、いつの日か長野市信濃美術館を
訪ねることにしたいと思います。
 行きのタクシードライバーに下総中山の歴史や日蓮宗
寺院のことを聞きましたので、寄り道をしながら、帰途は
京成電車に乗りました。電車は次男坊の楽しみのためです。
私にとっては、写真撮影、とりわけ構図の決め方について
勉強になったと申し上げておきましょう。
a0288500_2111664.jpg
 
a0288500_15144729.jpg
a0288500_21122991.jpg
a0288500_2113324.jpg
a0288500_21133676.jpg
a0288500_2149260.jpg

参道のお花屋さんで早くも紫陽花。
by aki1933 | 2017-06-01 18:04 | Comments(0)