人気ブログランキング |
ブログトップ

四季折々の写真・俳句集

aki1933.exblog.jp

写真と俳句で綴る日々の記録

相生と名付けし句集春灯


夫が他界してから、早10年の年月が流れました。
もうそんなにとの思いがありますが、遺句集を読み返し
俳句の世界の先達として学ぶことの多く、歿後に私が
編纂した遺句集「相生」がいつも座右にあるのです。
俳句巧者と言っていただいており、表現力のある俳句
の詠み手であったと身贔屓ですが思います。
残念だったのは広島原爆追悼20句を提出した後に選者
からただ事実を述べたにすぎないと講評が返ってきて、
落胆していたことが思い出されます。旧制中学4年生、
航空士官学校への入校が決まっていた中、広島原爆投下
による右眼失明等を淡々と表現した文章は、後年旧制
広島高校の同窓会誌に掲載されたものです。20句の俳句
に込めた秘めたる強さを、感じ取っていただけなかった
と私は思いました。そして、この句を遺してくれたこと
を本当に良かったと改めて思っています。
遺句集相生は、私家版として僅か50部しか印刷しません
でしたから私の手元には1部しか残りませんでした。折に
ふれて読み返し、亡夫と共に私も俳句の世界に専念出来
ればと思いますが、私は全くの才能なしです。
今私は夏木みどりさんの俳句番組の大ファンです。俳句
を詠む楽しさを学んでいます。
KSNCの2年に一度のパソコンで出来るん展の開催予定
の案内が来ました。マイブログ四季折々の写真俳句集の
2017年版、2018年版の製本を手がけていますが、
インフルエンザにかかり大幅に遅れが出ています。
間に合うでしょうか。

a0288500_10501118.jpg

a0288500_10441471.jpg

a0288500_10442501.jpg

a0288500_10443920.jpg

a0288500_10444906.jpg


by aki1933 | 2019-02-21 20:49 | Comments(0)