人気ブログランキング |
ブログトップ

四季折々の写真・俳句集

aki1933.exblog.jp

写真と俳句で綴る日々の記録

曾孫の重きを確と初夏の旅

 大阪に転勤中の孫娘に、2人目の男児誕生です。
どうしても会いたくて、連休明けに次男と一泊旅を
計画しました。大阪は、私共も転勤で暮らしたことの
ある都市です。長男が幼稚園から小学校1年生入学の
時代、関西生活が珍しくて、月に一度は京都や奈良
神戸へと出かけました。東京から西宮の幼児生活団
という自由学園・羽仁もと子さん創設の幼稚園に転入
させていただき、幼な子3人の賑やかな暮らしでした。
3歳になっている曾孫の喋る関西弁がとても愛らしく
私達の笑いも弾み楽しい訪問となりました。よくお喋り
する明るい男の子です。曾祖母ちやんとサッカー遊びを
しました。中々ゴールに入らなくて曾祖母ちゃんの負け
でした。新大阪駅で買った新幹線のお箸と歯ブラシが
気に入り、喜んで使っているそうです。元気な赤ちゃんを
抱っこすると、ずっしりと命の重さが伝わります。健やかな
成長を祈りましょう。本当に素晴らしい時間を有難う!
 折角の関西ですから、半日づつ大好きな神戸と京都を
訪ねました。我が家は、浄土真宗東本願寺「おひがしさん」
と聞いておりましたので、訪ねてみました。案内の僧侶の
方に、戦時下学童疎開していたお寺で聞き覚えたお経を
口ずさみ聞いてみたところ、有名なお経であることが分かり
ました。赤い表紙の経本を求めて帰りの新幹線で開いて
みてびっくり!立派なお言葉でありました。どうしてもっと
理解しやすい言葉にしないのでしょうね。(笑)
a0288500_2005577.jpg

a0288500_2014733.jpg

by aki1933 | 2017-05-08 10:00 | Comments(0)