人気ブログランキング |
ブログトップ

四季折々の写真・俳句集

aki1933.exblog.jp

写真と俳句で綴る日々の記録

凌霄花今年も咲けりと亡夫に告ぐ

 30年以上も前にいただいたのうぜんかつらの花が勢いよく
咲いている。丈夫な花で挿し木をすればすぐについて数年後
には花を咲かせる。
 私達老夫婦の部屋の前に植えた花は、とても良い日陰を
作ってくれて、部屋の中からの眺めが涼しげで大好きな花。
薔薇や鉄線よりずっと手のかからない花です。
 西北のガレージ前に植えた同種の花も、アスファルト舗装後
もよく逆境に耐えて大きく育ちました。知人から分けていただ
いた花々が庭を彩る梅雨の時期、こんなにも色んな種類をと、
詰め込みすぎた庭に溜め息をついています。もう庭の手入れ
どころではないんですよねと、亡夫に呟いています。
 昨日横浜山手の近代文学館へ、創作能「薔薇と長谷寺」を鑑賞
してきました。貴方がお好きだった観世流観世栄夫さんの追悼
公演でしたが、セリフの聞き取りが難しくて困難いたしました。
随分難しいことが好きだったのねと、今更ながら驚いています。
長男夫婦が小雨模様の中、横浜・山手まで車で送ってくれました。
a0288500_16224140.jpg

a0288500_16331546.jpg

a0288500_16233949.jpg

a0288500_16271976.jpg

a0288500_16274883.jpg

a0288500_16280433.jpg

a0288500_16282593.jpg




by aki1933 | 2018-06-25 15:57 | Comments(0)