人気ブログランキング |
ブログトップ

四季折々の写真・俳句集

aki1933.exblog.jp

写真と俳句で綴る日々の記録

新緑の風に誘われ一人旅

 今年は長い9連休になりましたが、四月尽は神奈川県
鎌倉と横浜の文学講演会が続きました。北鎌倉・円覚寺
の漱石の会と横浜山手の近代文学館で正岡子規展に
ちなみ、現代版「山会」でした。病床に臥す子規を囲み
開催された会から、漱石の「吾輩を猫である」等がうまれた
のであった。わずか35歳で死を迎えた子規と漱石の関り
等周知のことではあったが、こうして、文語体から口語体
への転換がされていった事を思うとすごいことに違いない。
ホトトギス高浜虚子の孫で前主宰の稲畑汀子氏らによって
今も「山会」は都内某所にて続いているとのお話であった。
 この二つの催しは鎌倉の友人と参加する予定であったが
殆ど私は一人であった。円覚寺も午前の部が終了間際に
やっと出向かれたが、昼食後の講義時には、春の陽気に
殆ど居眠りをされていたのです。80歳台の高齢者は思ひ
はあっても、体力がついていけない、これが現実なのです。
 翌日横浜山手・港の見える丘公園の周辺は薔薇には少し
早く、色とりどりの春の洋花が咲き乱れていました。帰途は
赤い靴号に乗車、山手から山下公園を巡り桜木町から
八王子経由で帰宅しました。桟橋に超大型観光船が寄港
していました。この日も友人は来ていなかったようでした。
横浜球場は広島戦でした。今度は次男と野球観戦に来よう
と思いました。
 広島から義妹がカープの丸選手のユニフォームを折角
送って下さっているのですから・・・。
帰宅後の家族との夕食、今日はカープも広島サンフレッチェ
両方負けだったと残念そうでした。俊はプールで泳いでから
夕方の犬散歩まで一人で引き受けてくれて有難うね!
夜9時NHKの放送では、憲法9条の成立についての特集で
あった。平和憲法の成立には、多くの日本人識者が議論を
重ねてきたのであるから、改正には慎重にと私は心から思う。
鎌倉漱石の会での「漱石と戦争」を論じられた小森陽一氏は
お話の中では触れられることはなかったが、9条を守る会の
中心的なお方と承知している。先生の漱石論は非常に明快で
あった。
 折角の旅でしたが、写真の撮影は殆どありませんでした。
鎌倉・帰源院の牡丹が美しく咲いていました。
a0288500_1923139.jpg

a0288500_1931219.jpg
a0288500_20430242.jpg
a0288500_20433232.jpg

by aki1933 | 2017-05-01 11:22 | Comments(0)