ブログトップ

四季折々の写真・俳句集

aki1933.exblog.jp

写真と俳句で綴る日々の記録

反戦の桜吹雪や晶子展

我が家のお嫁さんの母上が、大腿骨骨折とのこと急遽応援
に駆け付けることになりました。手術を控えて泊まり込みの
緊急事態となり、スケジュールを調整しています。
暫くは、全面協力して行きましょう。今日は少しだけ時間
が取れたので、神奈川近代文学館の特別企画展に行って
きました。見逃したくないと思っていましたから。
反戦詩「君死にたもうことなかれ」には衝撃を受けた思いが
あります。与謝野晶子の沢山の資料が展示してありました。
私は小学校4年の時に、父に赤紙が来て応召されたという
経験があります。戦時下防火演習に反抗してバケツごと投げ
たりした人でした。出征兵士の出発を祝って門の前で隣組の
人が万歳万歳と連呼していましたが、玄関先では母や祖父母
が泣いていました。子供心にも余りに理不尽な光景でした。
そんな矛盾を、すっきりとさせてくれた詩が、与謝野晶子の
「君死にたもうことなかれ」でした。
横浜山手は桜吹雪、色々の花が咲いてまさに百花繚乱、
異國情緒も感じられて小さな旅気分ですね。いつもは横浜の
高校時代の友達と誘い合うのですが、色々とあって今回は、
次男坊と一緒です。ですから八景島シーパラダイスにも足を
伸ばしてヘトヘトになりました。全くもうの世界ですね。
残念ながら、カメラの出番も殆どありませんでした。
a0288500_08081048.jpg

a0288500_08083470.jpg

a0288500_08085081.jpg

a0288500_08090493.jpg

by aki1933 | 2018-04-01 21:20 | Comments(0)