人気ブログランキング |
ブログトップ

四季折々の写真・俳句集

aki1933.exblog.jp

写真と俳句で綴る日々の記録

手仕事の温しやさしや津軽刺し

 杉並の友人の案内で、彼女が女子美時代の友人が永年
研鑽を続けてこられた手仕事の二人展を見に行きました。
 津軽菱刺しと琉球紅型、数十年にわたって、創作された
作品の数々は、本当に見事なものでした。紅型の絵柄を
彫刻して染付の過程を伺いましたが、ため息のでるような
根気のいる作業でした。ご自身の振袖は、孫娘にまで受け
継がれているとのお話でした。明るい色調が春の色でした。
 津軽刺しは農家の仕事着の補強に刺したものが美しく
デザイン化されていったもの、刺繍の糸も草木染されたものを
使用するため、落ち着いた色調で見事でした。伝統の技法が
引き継がれていくための努力に敬意を表しました。
 小平に住み始めて40年にもなりますが、住まいが市の
南東のはずれで小金井市に隣接しているため、小平に出てゆく
機会が、だんだん少なくなっております。朗読ボランティア
活動もコーラスも写真の会も全部バスで数分の小金井で
参加をさせていただいております。朝の太極拳の会まで
小金井公園という訳です。いたし方ないこととはいえ
お世話になりながら、ご無沙汰してしまっている、
小平KSNCの方々には、申し訳なくお詫びを申します。
 二人展の写真撮影はお許しをいただきましたので、掲載
させていただきました。
a0288500_14501685.jpg

a0288500_14555668.jpg


by aki1933 | 2018-03-19 14:56 | Comments(0)