人気ブログランキング |
ブログトップ

四季折々の写真・俳句集

aki1933.exblog.jp

写真と俳句で綴る日々の記録

紅葉の箱根懐かしバスハイク

 この度ドイツへの一人旅を計画しました。パスポートの
期限切れが迫っているので、これを最後の海外旅行にする
つもりでした。いつも次男坊を同行していたのですが、この
旅は、おひとり様旅行なるものを体験してみようと思った
のですが、次男坊が承知しません。「じゃあどこに行きたいの」
という訳で突如箱根行きが決定となりましたが、小田急の
ロマンスカーは満席、新宿バスタから桃源郷行きに乗車しましたが、
かなりの時間で到着。ロープウエイは大行列ですし、大涌谷は
ガスが発生しているとの情報もあり、芦ノ湖の海賊船に乗船する
ことにしました。湖を眺めながらの昼食は美味しかった!
しかし、とに角帰宅の交通手段を確保しなければなりませんから、
先を急げ急げというわけで、元箱根から湯本行きのバス席をゲット
案の定小田急は満席、急ぎ小田原からJRで東京駅経由の旅
でした。箱根はゆっくり宿をとって周遊したいものだと、つくづく
思いましたが、これは電車好きの次男のためのいつもの
スキルだと我ながらおかしくなりました。このタイプの障害児
をお持ちの方には通じるお話でありましょう。
一枚だけは写真が撮れました。(笑)
a0288500_19284331.jpg


 そして、これは私の一人旅のお話です。
今から20年前、1997年6月、亡夫の友人グループに
加えていただき、ゲーテ街道を旅しました。旧制広島高校
文乙グループ(ドイツ語選択)の面々でした。
 原爆碑に、安らかに眠ってください。決して過ちは繰り返し
ませんからと碑文を書かれた、雑賀教授のクラスでも学んだ
同窓の方々、長じてドイツ文学の大学教授となられた方が
二人いらして楽しい旅でした。ライプリッヒからハルツの山々を
ゲーテの魔女伝説にまつわるお話を聞きながら巡りました。
バスの中で広高寮歌の合唱、ゲーテファーストの朗読を
楽しむ等、特別企画の旅だったのです。
 ブロッケン山で開かれていた合唱祭に広高寮歌で
飛び入り参加もしました。お仲間の一人が楽譜を持って
おられたので初見の伴奏つき大感激の場面でした。
ドイツのご友人宅にも招かれて、ワインを飲み
ながらガーデンパーティ、お家の中も見せて下さいました。
整理の行き届いた室内、地下にワイン貯蔵庫がありました。
 もう一度ドイツを訪ねてみたい、思い出旅行がしたい
との思いがやっと叶って「憧れのドイツ・ロマンチック
街道6日間の旅」が実現の運びとなりました。。荷物を
最小限にして旅支度も整い、いよいよ明日フランクフルト
に向けて出立です。短い旅行ですが、楽しんで来ます。
 
by aki1933 | 2017-11-22 18:55 | Comments(0)