人気ブログランキング |
ブログトップ

四季折々の写真・俳句集

aki1933.exblog.jp

写真と俳句で綴る日々の記録

初夏の風ねむの木の子等やさしき絵


 この時期、沢山の美術展の案内が届いておりました。
久々に上野の森へ、美術館巡りをしたいと思いました。
 最初、朝の太極拳のお仲間のお一人からいただいた
書道展からスタートしました。亡夫は晩年篆書を愛して
いましたが、K氏の書はそれより更に遡り象形文字の
世界です、甲骨文字は、中々愉快な形をして判じ絵の
ようです。私達が日常使っている漢字の起源ですから。
でも、とても読めなくて目録の文字と見比べました。
臨書とありましたから、過の時代のものが何か遺されて
いるのでしょうか。
 上野の森は、大勢の人の波。どの美術館もチケットを
購入する人の長蛇の列でした。若冲展、アフガニスタン
秘宝展と観たいと思っていた展覧会を諦めて山の手線
に乗ってしまいましたが、何か心残りで、もう一つ案内を
いただいていた宮城まり子とねむの木学園の子供達の
絵画展に行く事にして銀座メルサまで行きました。毎年
各地を巡回して開催されているねむの木の子供たちの
絵、やさしい絵に久しぶりに逢いました。
 宮城まり子さんは車椅子の人ですが、お元気で画集に
サインをしていらっしゃいました。私も吉行淳之介の本の
署名のお隣にまり子さんのサインをいただきました。
淳ちゃんに聞いてみなくちゃ?と冗談をおっしゃりながら
丁寧に筆書きのサインをして下さいました。まり子さんは
本当に童女のように、愛らしい人ですね。
 久々の銀ブラ、でも私は街のぶらり歩きは横浜が好き
と思いながら、東京駅まで歩きました。足の痛み、腰の
痛みは、翌日になっても取れませんでしたけどね・・・。

a0288500_15532825.jpeg
a0288500_15505476.jpeg
a0288500_15542198.jpeg

by aki1933 | 2016-05-16 15:42 | Comments(1)
Commented by okufuu at 2016-05-19 06:16
aki 様
展覧会で上野の森美術展にいらっしゃり、
良く色々いらして感動を!!素晴らしい事ですね。宮城まりこさんのサイン見させて頂きました。
ねむの木学園の宮城まりこさんは本当に敬服しています。
いつも勉強家のakiさんには尊敬しています
こんごともどうぞよろしくお願いいたします。