人気ブログランキング |
ブログトップ

四季折々の写真・俳句集

aki1933.exblog.jp

写真と俳句で綴る日々の記録

雪降りに戸惑ふ朝やわが東京


 朝六時いつものように起床すると、外は一面の銀世界。
子供の頃は、雪景色に歓喜したものでしたが・・・。
 先ずは、次男を誘って玄関から門までと前の道の雪かき
からスタートです。凍った雪がアイスバーンになって危険
ですから。 しかし、今朝は降りしきる雪の激しさに途中で
諦め家に入りました。急な気象の変化に戸惑っています。
四季折々の俳句のマンネリ化、推敲に少々時間を下さい。
 テレビが刻々と交通情報を報じています。JR中央線も
かなり制限されている様子に、長男も急いで出勤です。
10時過ぎ、雪も雨に変わりましたので、私も所用のため
武蔵小金井駅までバスで出かけることにしました。
バス停まで3分小金井街道を歩きながら、この雪の中家を
出てきたことを本当に後悔しました。凍結した雪の道での
転倒の危険を感じながらの歩行でした。
 そして駅前は、中央線に乗車待ちする人たちが、入場
制限されて駅舎の前に溢れていました。救急車が出動し、
担架に乗せられている人も目にしました。
 若い頃、札幌と金沢勤務を経験しましたが、大都会東京
の大雪は、交通地獄をもたらすことを実感したのでした。
 明日はデジカメ同好会の川越・蔵の街の撮影会です。
道路の雪の状態が心配です。
 スマホで家の中から写真を撮りました。午後からは太陽
が顔をだして、美しい雪景色を眺めることができました。
朝の体験がまるで嘘の様です。写真を添付しておきましょう。
a0288500_20314101.jpg
a0288500_20333337.jpg

by aki1933 | 2016-01-18 20:10 | Comments(0)