人気ブログランキング |
ブログトップ

四季折々の写真・俳句集

aki1933.exblog.jp

写真と俳句で綴る日々の記録

薫習の教へ尊し古都は秋

 毎年春冬に開催の「鎌倉漱石の会」に訪れる北鎌倉
円覚寺で手にした管長の法話集、黄梅院の副住職が
写真ブログにまとめられたものが、シリーズで出版され
ておりました。美しい写真、そして法話が本当に優しく
語りかけてくれるご本でした。まさに日本人の心に沁み
入るような教え、すんなりと気持ちに溶け込むものだと
思いました。
 これを薫習の教えというのだそうです。俳句にいたし
ました。前掲の句とこの句、句会では、どなたか男性が
選んで下さっておりました。
 観光客で賑わう鎌倉の雑踏を離れて、静かな所で
詠んだ句は、少し毛色の異なる硬い句になりました。
円覚寺の苔むすきざはしも句にしました。
   苔むせるきざはし踏まじ秋深し
鎌倉の砂岩には美しい苔がよく育ちます。回り道をしま
しょう。花の終わった萩に種が沢山ついていました。
ルリマツリの花を壁面いっぱいに咲かせているお宅の
方とひとしきりお話をしました。今度はどうしてもカメラを
持参しなくてはと思いました。
a0288500_17453972.jpg
a0288500_17461785.jpg

by aki1933 | 2015-10-29 09:43 | Comments(0)