人気ブログランキング |
ブログトップ

四季折々の写真・俳句集

aki1933.exblog.jp

写真と俳句で綴る日々の記録

春の海かすみて空と交はれり

 3月の末にデジカメ同好会のバスハイクで伊豆に行った
時に詠んだ句を「青淵」俳壇に投句しました。今日講評付き
で掲載された小冊子が送られてきました。
<春の海に霞が立ちはじめた。それまで見えていた海と空
の境界があいまいになってしまった。この句、春そのものの
情趣を軽々とおおらかに詠い上げた>と講評をいただいた。
本当に俳句の選者のお目にとまって嬉しく思う。素直に見た
ままを575にしただけなのに・・・。
 同じく掲載句。<仄暗き天城の道や雪残る>
日本の春、桜と富士。昨日の伊豆高原で撮った里山の春霞が、
まさにそれであった。ブログに掲載しておこう。
a0288500_2023061.jpg

a0288500_8564726.jpg

by aki1933 | 2014-04-29 19:18 | Comments(0)