人気ブログランキング |
ブログトップ

四季折々の写真・俳句集

aki1933.exblog.jp

写真と俳句で綴る日々の記録

北窓を開け蝋梅の花を見ん

 早や、立春を迎える頃となりました。陽射しも明るくなり
ほっとする毎日が続きます。ふと我が家の北庭が気になり、
窓を開けてみました。20数年前に自宅を二世帯住宅に建
替えのとき、北側のお宅の日照を考えて、東北の私の部屋
の前に小さな庭をとりました。建築の邪魔になるからと庭木
を切るように言われましたが、私一人でせっせと移植したも
のでしたが・・・。
 でもこの場所で育つ樹はあまりなくて、「大きくなってね」と
寒肥をあげても、いつも貧相な育ちしかしません。そんな中
友人から分けていただいた蝋梅は背丈を越えるほど大きく
なり、今年は蕾を沢山つけました。お隣からいただいた山吹
はもう沢山の花芽を付けています。
 ハナミズキは背丈ばかり伸びて、一向に花を咲かせないの
で諦めていましたが、どうやら今年は数輪の花芽が見えます。
歳時記に北窓を開くという季語を見つけて、下手な俳句を
ひねりだしました。
 俳句に自註をいれるのはありとききましたが、これでは、長
すぎるというものですね。

a0288500_12364185.jpg

 これは広島の温州みかんです。はたして収穫は?
a0288500_12371285.jpg

a0288500_1294130.jpg

a0288500_1215728.jpg

a0288500_1222094.jpg

by aki1933 | 2014-01-31 12:37 | Comments(0)