人気ブログランキング |
ブログトップ

四季折々の写真・俳句集

aki1933.exblog.jp

写真と俳句で綴る日々の記録

氷雨降る傘寿の友と船の旅

 兼ねてから、相模沖を航行する大型船に乗船してみたいと
思っていました。鎌倉に住む友人を誘って、次男も同行して
ワンナイトクルーズ「日本丸」に乗船する日、東京は、何と雪
の予報、日本列島には寒波襲来との予報でした。
 宿泊は314号室、船底で眠れぬ一夜を明かすのかも知れ
ないと覚悟を決めての参加でした。
 しかし意外や意外、本当に楽しい思い出の旅となりました。
乗船口でサンタクロースとじゃんけんに勝ってプレゼントを
手にした私は、夕食のお肉料理の下に隠された星形人参に
も当って、またまたサンタさんからプレゼントをいただきま
した。カクテルパーティのゲストは、チェコ少年合唱団、
成人男性の声も加わり、更に深みを増した歌声、民族衣装に
着替えて踊りながらのコーラス、大震災のお見舞いメッセージ
と日本語の「花は咲く」に大感動です。最後は会場も和して
クリスマスソングを歌いました。
 お部屋には、シャワーしかないので、お風呂抜きかと思って
いましたら、三階には大浴場があって、ゆっくりと入浴もでき
よく休むことが出来ました。共に傘寿を迎えた友人と健康を
祝しつゝ、何よりの想い出の旅に感謝したことでした。
 早朝目を覚ました私達は、部屋の窓から景色を眺めました。
神奈川県育ちは、江の島を旋回し浦賀沖から東京港に入る
海路にも詳しく、海から眺める陸の景色を楽しみました。京浜
工業地帯は、白煙を上げて活動の様子が眺められました。
 火力発電所がフル稼働しているのかしらと話し合ったのでし
たが詳しくは分かりません。羽田空港の飛行機の離着も大きく
見えました。レインボーブリッジをくぐり、着港の有様がテレビ
を通じて手に取るように見えました。
 好奇心旺盛のおばあさん達は船内もくまなくめぐり帰途に着い
たのでした。東京は氷雨から、雪交じりの天候に震えあがり
ましたが、無事に帰宅することができて、めでたし、めでたし!
a0288500_22525691.jpg
a0288500_09335232.jpg

by aki1933 | 2013-12-20 18:45 | Comments(0)