ブログトップ

四季折々の写真・俳句集

aki1933.exblog.jp

写真と俳句で綴る日々の記録

友集ふ山晴朗や鳥の啼く

 タリフ工房の明石恵子先生から、小淵沢の山の家へお誘い
いただきました。織のお仲間達が毎年連休に集う恒例の会だ
そうです。原村から娘の車で送ってもらいました。娘は表参道
で開催されたスコットランドチェック展以来の再会でした
  お庭でのバーベキューは美味しい。山女魚の串焼きや、
北海道のチャンチャン焼きはアルミ箔の中にとりどりの野菜と
鮭や海老が入り、乗せられた味噌の香りが食欲をそそります。
澄んだ山の空気の中、お肉の焼ける香ばしい香り、新鮮な
野菜、とりわけ、アスパラガスや空豆を皮ごと焼くとこんなにも
美味しいとは!ご準備が大変だったことと思いましたが、きび
きびと動いて下さる息子さんやお嬢さんの存在が頼もしい。
聞けば毎年夏にはお父様の関係者の集いが30名の参加、
山仲間の集いはお庭にテントを張って開催される由、さすが
ですね!
 目の前に甲斐駒ケ岳の雄姿が聳え、唐松の新緑、山吹の
花が大きく枝を伸ばし咲いています。お仲間のご夫妻が
コーギー犬2匹を連れてみえ楽しく参加、私の持参した
スモークチーズやフランスパンが大好きなのですって!
1100米の高度は、まさに春爛漫の季節でした。
鳥のさえずりに負けず私たちも日の傾くまで沢山おしゃべり
をして楽しみました。
 最後はお部屋に移動して、オレンジケーキとお茶、幸せな
時間でした。申し訳ないことでしたが、原村まで車で送って
いただきました。1300米の原村はまだ寒くて、庭の山吹も
櫻もまだ咲いていません。でも折角ですから道々お話して
いた娘宅の石窯やカナダ製のマキストーブ、そして私宅の
フラミンゴ織機を見ていただいたのでした。
 本当に楽しい一日、有難うございました。

a0288500_238597.jpg


a0288500_240157.jpg

by aki1933 | 2013-05-06 02:40 | Comments(0)