ブログトップ

四季折々の写真・俳句集

aki1933.exblog.jp

写真と俳句で綴る日々の記録

歳時記に夫の遺しし筆の跡  幸せな日も確とあり年惜む

a0288500_14402383.jpg


 夫の亡き後、一周忌までにと遺句集の編纂に取り組みました。
俳句は全くの門外漢でしたが、遺された句をパソコンに打ち込み
ながら、俳句に向き合ううちに575のリズムで言葉が浮かんで
くるようになりました。 一度は夫の退会手続きをしましたが、青淵
(渋沢栄一記念財団)春燈(久保田万太郎)の会に私が新しく入会
して投句を始めました。通信添削の指導も受けられるとの記事を見て
三上程子先生を紹介していただきました。
 毎月月末に、二冊の小冊子が、私の手許に届きます。今月は
「青淵」鈴木栄子選に信濃路の一茶の里での二句が佳句に載り
ました。娘夫婦に頼んで訪れた地での句です。
真っ先に夫に報告したかった!と思いました。 貴方の使いこんだ、
書き込みの沢山ある歳時記が、いつも座右にあります。けれども
上記の句、季語がありませんね。(笑) これから色々と推敲して、
再編集も可能、ブログはとても便利なものなのですよ。

a0288500_19472082.jpg


 遺句集「相生」と「安芸路」。相生は一周忌に親族や友人に
配りましたので、業者に製本を委託しましたが、安芸路は表紙に
厳島の写真をはめ込み、私が製本しました。句集名の金箔打ちは、
インターネットで検索し茅場町の業者が一冊でも引き受けて
くださいました。本当に色々の方たちの支えがありました。
by aki1933 | 2012-11-30 15:15 | Comments(0)