ブログトップ

四季折々の写真・俳句集

aki1933.exblog.jp

写真と俳句で綴る日々の記録

信濃路や一茶の里の秋早し


 初秋の原村から、少し遠出をして黒姫高原・一茶記念館
まで娘夫婦の車を走らせてもらいました。
 小林一茶(1763~1827)の慈愛に満ちた俳句は私が
小学生だった頃から親しんでおり、信濃町には記念館はじめ、
ゆかりの建造物・墓所等が色々保存されておりました。
 終焉の家の前庭には、女郎花、薄などの秋の花が咲き
乱れ訪れる人をほっとさせてくれました。

a0288500_1250449.jpg

 
by aki1933 | 2012-09-15 12:09 | Comments(1)
Commented by ちゃちゃ at 2012-09-25 15:25 x
ブログサークルへのご入会、ようこそ!
新しい空気をいれてくださいませ。
私はマンネリ化に悩んでいるところです。
初心を思い出さなくてはね…。