ブログトップ

四季折々の写真・俳句集

aki1933.exblog.jp

写真と俳句で綴る日々の記録

九州北部の洪水に続き、秋田県を襲った川の氾濫の状況は
恐ろしい。夏の高温が原因だという。一方で東京の水不足が
心配されているのです。
この厳しい夏に、先週はひどい風邪を引いてしまい苦しみ
ました。激しい咳は未だ続きます。通院中の整形外科医から
葛根湯を処方されているので、ひたすら安静に努めて過ごし
ました。
先日、肩こりの原因となる頚椎すべり症の私のレントゲン
写真を見て医師の説明を受けました。このまま放置すると、
車椅子になりますとか、驚きました。週二回の理学療法士
による治療もしていただける病院なので、何とか諦めずに
少しでも快方に向かって、頑張りたいと思います。
理学療法士の先生の説明によると、腰椎をしっかり立て
ることで、頚椎の前屈が改善されるとのことで私の姿勢の
チェックをしてくださいました。鏡の前に立つ姿は本当に
老人そのもの、これは相当大変です。姿勢をしっかり意識
しなくてなりません。


# by aki1933 | 2017-07-25 08:07 | Comments(0)
 銀座で開催の山崎曜氏の「製本展」を観に行きました。
和光裏のビルを次男と一緒に訪ねました。様々な創意工夫
があり、まさに世界でたった一冊の本といった趣のある本
ばかりでした。私は亡夫の遺したエッセイ集「あそび心」、
「続あそびこころ」を箱入りにして製本をしようと考えて
おりますので、色々と材料選びに心を巡らせていたのですが、
お腹を空かせた次男が、銀座は嫌だよというので有楽町から
桜木町まで足をのばすことにしました。
 海の日のみなとみらいは、爽やかな海風が吹いて、本当に
素晴らしい! 駅前のビルの7階レストラン「サンマルク」
窓際席を希望して、白い帆を拡げた帆船「日本丸」の優雅な
姿を撮りまくりました。30分も電車に乗れば、この景色が
観られるのですから、大正解でした。
 遊園地のスピニングコースターに乗りたいというので、下
のベンチで待つことにしました。やっと降りてきた次男は
満足そうな笑顔です。大行列だったそうです。帽子を飛ばされ
そうになったので、ロッカーに預けたのだそうです。(笑)
一日中、私の重いカメラリュックを背負いがんばってくれました。
a0288500_17235410.jpg
a0288500_17430581.jpg
a0288500_17473870.jpg

新幹線の通過を見て楽しみました。広島に行こうねと約束
しました。広島アンテナショップにて

a0288500_18201296.jpg


# by aki1933 | 2017-07-19 17:37 | Comments(0)
 太極拳リーダT氏のグループ展が銀座プロムナードで
開催のご案内をいただきましたので、久々に銀座まで
出かけました。地下鉄が交錯する銀座、地下道を探し
あぐねてうろうろ、息苦しくなってしまい諦めて地上
に出て、青い空を仰ぎ、空気を吸い込みました。
 小平ksncも銀座散歩撮影会のご案内がありましたが、
この調子では、皆様に迷惑をおかけしてしまいます。
4丁目和光前から日比谷公園に向かって歩きました。
喧噪を逃れて、懐かしい公園散策、松本楼でお昼をとり
東京駅までバスに乗り、中央線で武蔵小金井まで、
見覚えのある風景をカメラに収めつつの銀ブラでした。
何か中途半端でしたが、結局60~70年以上も昔を
偲びながら歩いたことだった・・・のですね。

a0288500_09315532.jpg
a0288500_17050720.jpg
a0288500_17064501.jpg
a0288500_09331538.jpg
a0288500_09343679.jpg
a0288500_09355485.jpg
a0288500_09364961.jpg
a0288500_09373734.jpg
a0288500_09381041.jpg

# by aki1933 | 2017-07-04 09:38 | Comments(2)
 長男がドライブに誘ってくれました。小雨の降る土曜、
気分転換に4人家族で例によって行く先も知らされない
ままのミステリーツアーです。雨も上がり、久々の逗子
マリーナに到着しました。会員制の宿泊メンバーですが、
最近余り利用していませんでした。ヨットハーバー近く
のレストランで地元産の新鮮な材料をふんだんに使った
コース料理をいただきました。海を眺めながらの素晴らしい
寛ぎの時間でした。
 リニューアルされた施設は、ボーリング等は廃止されて
素敵な結婚式場になったりしていました。9月はじめには
ダイヤモンド富士の撮影会の案内も出ていました。もっと
利用しましょうよと話し合いました。写真添付します。

a0288500_14473302.jpg
正面に富士山が見えるはずです。
a0288500_15424557.jpg
葉山沖にはヨットが見えます。
a0288500_15433216.jpg
a0288500_15441957.jpg



# by aki1933 | 2017-07-02 14:49 | Comments(0)
 ブログ編集が新しい方式に変わり、写真の添付法などを
教えていただきましたので、写真を撮りました。
小さな庭に、この時期咲いてくれる花、いただいた球根や,
挿し芽をして育てた花々です。
雑草の中に咲く、逞しい花達です。
    のうぜんかつら
a0288500_16242451.jpg
     アカンサス
a0288500_16241391.jpg

     アガパンサス 紫君子蘭
a0288500_16244028.jpg


# by aki1933 | 2017-06-27 16:08 | Comments(1)
 久々に娘の車で、八ヶ岳の山荘にやって来ました。
快晴の土曜日、ひたすら庭仕事に精を出す娘の傍で
読書三昧の私。草刈りを終えた庭に下り立てば、季節
の花々がひっそりと咲いていて、カメラに収めるのは
楽しいひと時です。かっこうの啼き声が森に響きます。
 娘宅の本棚で見つけた本は、「原爆市長 浜井信三」
<よみがえった都市 復興への軌跡> 復刻版です。
浜井市長が中国新聞に「市政秘話」として連載された
手記です。原爆の日に、市の職員として活動された話
からスタートした記録は、当時の広島知る私に様々な
ことを思い出させてくれました。平和都市宣言に到る迄の
道のりが、つぶさに記録されている素晴らしい本。
 自宅に借りて帰り、続きを読むことにしました。
その中に市民の「原爆体験記」の蒐集の事を記した
項がありました。昨夏、私が広島を訪ねた折見つけた
母の手記は、まさにこれだったのです。爆心地で被爆、
ずつと後遺症に悩んだ母が、体験記を書いていたこと
さえ私は知りませんでした。広島市役所に連絡をして
写真等の記録を送り、慰霊館に遺影を納めさせていただき
ました。涙なしには語れない、とても嬉しいことでした。
折を見て、確認の旅、広島を訪ねるつもりでいます。
a0288500_19494385.jpg
亡夫と植えたやまぼうしの真っ白な花が咲いていました。
a0288500_19513049.jpg

2区画ほど離れている娘宅の山荘。夏休みには大勢の
人達が集います。きっと曾孫達の声も響くことでしょう。
a0288500_19522068.jpg


# by aki1933 | 2017-06-25 07:37 | Comments(0)
 早朝のメイプルとの朝散歩は、私と次男俊の役割    
です。朝の小金井公園の爽やかさときたら、本当に
素晴らしいと、いつも思っています。朝の空気は
美味しいし、鳥の囀り、朝日に輝く公園の緑、少し
早足にいつものコースを歩きます。しかしこのところ
一日の疲れが、夕方にはピークに達して、肩から
背中がパンパンに張ってしまって、頭痛さえしてくる
状況になり心配で、整形外科や整体院を巡り受診して
やつと診断がつきました。10年前、夫の介護中に
転倒して鎖骨脱臼した個所をテーピング治療で直した
筈でしたが、後遺症がのこり、それを無理々々に整体
していたのでした。
少しも症状が改善しないので、もう一度医療機関で
診断をあおぎ、やっと原因を突き止めていただき、
週2回のリハビリに通うことになりました。痛み
止め薬と漢方薬も処方して下さいました。安心もあり
朝の目覚めは、すっきりでメイプルとの散歩も心から
楽しめるようになりました。同年齢の友の訃報もあり
83歳は、いつ何が起きてもおかしくない年齢だと
自覚しつつ、一日を大切に、楽しみたいとの心境です。
a0288500_20592168.jpg


# by aki1933 | 2017-06-21 08:26 | Comments(0)
 爽やかな青空。空梅雨で水不足が心配されます。
次男にカメラをしょってもらい、神宮内苑の菖蒲
見物に出かけました。
 原宿駅は大変な人出、表参道へ繰り出す若者だけ
ではなく、明治神宮に向かう人の群も多彩な人たち、
外国の方も多いようでした。
内苑の杜は、ここが都心であることを忘れてしまい
そうな雰囲気です。水連の咲く池からさらに進むと、
美しい菖蒲の咲き揃う風景が広がります。でも見物人
の多さは、大変な数です。水不足、それとも少し花の
盛りを過ぎてしまったのでしょうか?アップに耐える
お花を見つけるのは、難しかったです。
<追伸>
上掲の句、菖蒲冴えとしていましたが、冴えは冬の季語
とのご指摘を受けました。毎月8句を添削していただき
5句を「春燈」、3句を「青淵」に投句しています。
亡夫の好きだった投句をそのまま引き継いだ訳ですが
本当に素養もなく、いつもまさにやっと捻り出す有様。
よく吟行にでかけていた夫が羨ましい。
     
a0288500_10264203.jpg
          
a0288500_10253758.jpg
          
a0288500_10284367.jpg
          
a0288500_10310702.jpg


# by aki1933 | 2017-06-20 10:32 | Comments(0)
 庭の紫陽花の蕾が日毎に色づき始めました。
昨年、ご近所のお花好きの方から分けていただき
挿し芽した紫陽花の新色が仲間入りして早くもピンク
の花を咲かせています。
 毎年咲いているブルーの紫陽花も沢山の蕾を付けて
いますが雨が少ないせいか色付きが遅くて、気になって
いました。 でもやっと梅雨入りした模様、雨の中、
冴えた色の紫陽花の花に出逢えるのは嬉しいですね。
 実は薔薇の季節が終わり、梅雨前に作業を終えなく
てはと昨日まで頑張って花がら摘み、つる薔薇の整枝、
お礼肥まで済ませたところでした。 この作業は、年々
少し辛くなってきました。
 今年は薔薇の害虫に悩まされましたが、庭師さんの
殺虫剤散布が遅れたのです。40年もお世話になった
庭師さんが交代し、年2度の手入れがスムーズに捗ら
ないのです。困りました。
お花の写真もうまく撮れませんが添付しておきます。
ブログの編集が新しくなって、写真のアップロードが
とても難しくなりました。勉強会に参加し学びましょう。
a0288500_13163142.jpg
a0288500_13194799.jpg
a0288500_13173305.jpg

# by aki1933 | 2017-06-07 18:11 | Comments(0)
昨6月2日、武蔵野公会堂で開催のまついのりこさんを
偲ぶ会に出席をいたしました。絵本作家として沢山の
作品を遺され、絵本の世界に名だたる賞も受賞された方
でした。さらに日本文化の紙芝居を海外に広める活動も
されました。会場に溢れんばかりの人達、皆がやさしい
心に包まれて会は進行して行きました。
 今から40年も前、私共の次男のような子の学校教育
の場は、今ほど充実していませんでしたから、小学校
入学時に、本当に右往左往してしまいました。著名な
児童精神科医を訪ねカウンセリングを受けながら、
一年就学猶予の末に入学した学校での不適応は本当に
悲しさでいっぱいでした。その時、同じクラスの数人の
お母様と悩みを語り合う中、四面楚歌の状態にアドバイザー
として私達を支えて下さった方が、松井紀子さんでした。
私は学校選択を誤ったと思いましたので、早々に転校を
決意しました。
 幸い転居した小平市の小学校長は当然本校がお受け
すべきお子さんですと云われ、担任の先生方にも恵まれて、
地域の学校で義務教育を修了しました。杉並区立済美職業
実習所を経て小平市の製パン工場に就労しました。
丁度その頃に歳末の吉祥寺の街で、松井紀子さんに偶然に
お会いしました。家族写真を添えて印刷した年賀状をお渡し
して、近況をお知らせ出来たのでした。
 紀子さんは、我が事のように喜んでくださいました。
ピーちゃんのキャラクターが沢山遊ぶTシャツを贈って
下さいました。絵本作家としてご活躍の中のお心遣いを
嬉しく受け取らせていただきました。今回偲ぶ会へも
お誘いいただきました。明るくて気配りのある方でした。
お二人のお嬢様達、夫々の道をしっかり歩いておられ、
素晴らしいご家族でした。沢山の絵本の中から、曾孫
のために赤ちゃんシリーズの本を求めて帰宅しました。
心よりご冥福をお祈りいたします。
a0288500_16232369.jpg
a0288500_04544933.jpg
 いただいたご本「あの日の空の青を」は終戦の日の空の青、
平和の祈りをこめたエッセイ集でした。同年代を生きてきた
私達の心からの願いです。有難う!紀子さん。
# by aki1933 | 2017-06-03 13:01 | Comments(0)